3月 052011
 
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

follow us in feedly
【スポンサードリンク 】

2005年より倒産する薬局数が激増している。

ジェネリック薬品の台頭による利鞘の減少、Leclercといった流通大手の業界参入

必要経費上昇、医療関係予算緊縮のあおりを受け

2006年以降2010年までに薬局の廃業数はおよそ3倍となった。

企業へのローン保険コンサルティングを専門にするCofaceは全仏の薬局のうち

24%が今年中に高確率で倒産する可能性を示俊した。

首都圏中心に昨年1年で167軒の薬局が廃業。


【スポンサードリンク 】

この2年間だけで全フランスの薬局のうち100軒に一軒が倒産した計算になる。

居住者数による薬局数の制限程度では業界沈下に歯止めがかからないとし

 

今回医薬品小売協会は政治的解決を求めた。

フランスにおける薬局は(半公共的な位置づけの)小売業種であり

保険相Xavier Bertrand はIGAS(社会問題調査庁)に検証を依頼し、

4月30日までに提出されるこのレポート結果によって

救済措置の様々なオプションが取捨選択される予定となった。


【スポンサードリンク 】


Powered By 画RSS

【お世話になっているサイト様です。よろしければご覧になってってください】
Powered By 画RSS

※頂いたコメント内にリンクがあるとスパム防止機能のため『承認待ち』になります。ご容赦ください

※リクエスト募集しております。該当掲示板/スレが見あたらず記事にできないことも多いですがお気軽にどうぞ



【お世話になっているサイト様です。よろしければご覧になってってください】

Powered By 画RSS

Related Post

 Leave a Reply

※ 名前、メール、URL欄は必須ではありません

...

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial