3月 082017
 
Pocket
Share on Facebook
LINEで送る

follow us in feedly
【スポンサードリンク 】

イタリア c’era una volta
bolognese1

 

フランス  c’era una volta
で?
どっちがどっちなんです?

 

マルタ  c’era una volta
右はなんでサラダなんか添えてあるの?
なんかの邪悪なおまじない?

 

マルタ  c’era una volta
イギリスでトルテリーニの皿にフライドポテト添えてあるのがでてきたことある
なに考えてんだろねほんと

 

スウェーデン  c’era una volta
アイルランドじゃ普通にラザニアにフライドポテト添えてきやがってビビるぞ

 

アイルランド  c’era una volta
↑ ラザニア食い終わったあとのソース、きれいに拭いたくなるじゃん?
それにポテトがピッタリなんだってw

 

イタリア  c’era una volta
パンできれいきれいするもの
bolognese2
http://www.lucianopignataro.it/a/a-purpetta-cinque-trattorie-dove-mangiare-le-cinque-migliori-polpette-napoletane-low-cost/32095/

 

オーストラリア  c’era una volta
オーストラリア、ラザニアとポテトフライが平常運転

 

イギリス  c’era una volta
アングロサクソン文化なのかもね
フライドポテト旨い→ なんにでも添えたら結構、みたいな考え

 

マルタ  c’era una volta
最悪なのは必ずしも最初からポテトが付いてるわけではないこと
イギリス人「ラザニア注文しますね…えーっと付け合せはっと… フライドポテトお願いします!」

 

イギリス  c’era una volta
炭水化物の重ね食べw
たぶん軍隊の食事からきてるんじゃないかと推測

 

オーストリア  c’era una volta
イギリス人はフライドポテトにお酢かけたりするような連中だから
お話にもならん

 

オランダ  c’era una volta
オランダじゃパスタはいつもサラダといっしょに食べるんですが
なにが悪いの?

 

イタリア  c’era una volta
↑ パスタの前、パスタの後にサラダはおk
だがパスタとサラダを同時食いはねーよ
パスタとサラダを同じ皿に盛るとか言語道断

 

オランダ  c’era una volta
↑ いやでも相性悪くないのよ~

 

イギリス  c’era una volta
昨日カルボナーラ食べた
めんどくさかったからサラダの皿の上からカルボナーラぶちまけて一緒に食ったわw

 

イタリア  c’era una volta
↑ たった皿一枚余計に使うくらい面倒くさがるなって…

 

EU  c’era una volta
俺「さて友達(イタリア人含む)来るからカルボナーラ作ってあげよっ」
俺「そうだ! お皿にまずレタス敷いてから上にカルボナーラ乗っけたらちょっと見栄えがよくなりそう!」

 

ボローニャ  c’era una volta
オクトーバーフェスでせっかくの美味しいビール(Augustiner-Bräu)をわざわざコーラで割って冒涜してる輩なんてのも居たなあ

 

ドイツ  c’era una volta
↑ ビールのコーラ割り飲んだことないの?
こっちじゃわりかし普通の飲み物なんスけどw

 

イギリス  c’era una volta
ビールのレモネード割りならわりとよくある

 

ドイツ  c’era una volta
↑ それもドイツでは普通の飲み物

 

ドイツ  c’era una volta
まあ飲み屋でビール飲んでいい年齢(16才)なった男なら、まっとうなビールをストレートで飲まなくっちゃだけどな

 

ボローニャ  c’era una volta
右のはソースとパスタを混ぜてすらない
パスタにソースがちゃんと絡むようフライパンでサッと混ぜてから供すべきでしょうが

 

トルコ  c’era una volta
↑ ドイツのイタリアンでバイトしてた時
ドイツ人のおばあちゃんにパスタとソースを混ぜて出しやがってって10分くらい説教された思い出

 

アメリカ  c’era una volta
パスタとソースは分けてあるほうがきれいでない?
アメリカだとパスタとソース混ぜてあったら学食のパスタが連想されてどうも…

 

オーストリア  c’era una volta
『まがい物ミートソース』のが旨そうなんですけど?

 

イタリア  c’era una volta
↑ うせな
チロル地方だけ置いてけ

 

オーストリア  c’era una volta
↑ トリエステとチロル交換なら…

 

イタリア  c’era una volta
>>オーストリア
第一次大戦の時にあんだけどついてやったのにまだ足りんかったか

 

イタリア  c’era una volta
>>オーストリア
さすが仔牛のカツレツくらいしか食うもんない国

 

annonymous  c’era una volta
右のほうが小綺麗な見た目
だが旨いのは間違いなく左

 


【スポンサードリンク 】

ドイツ  c’era una volta
平べったい麺のお名前は?

 

ボローニャ  c’era una volta
↑ 地方と形によって名前が変わる
ボローニャで使ってる麺はタリアテッレといいますね
フェットゥチーネ、パッパルデッレはよく似てるけど、も少し幅広い
あとタリアテッレと違って卵なしバージョンあり
chasing-delicious-kitchen101-pasta

 

アメリカ  c’era una volta
↑ たかが小麦粉と玉子混ぜたもんをなぜここまで色んな形にする必要があるというのか
お米なんかぜんぶ同じ形だぞ?

 

イスラエル  c’era una volta
↑ いかにもアメリカ人なコメント
東京行って彼の地の料理人さんたちに同じこと言ってみろっての

 

イタリア  c’era una volta
稲作始めてまだ数百年のイタリアでも短粒種から黒いお米までいろいろ種類ありますよ一応

 

アイルランド  c’era una volta
タイ「タイにはおよそ3000種類のお米があります」
タイ「3000種のうち80種類ほどが重要ということでスヴァールバル世界種子貯蔵庫に保管されてもいるそうです」

 

ボローニャ  c’era una volta
タリアテッレはソースが良く絡むのがいい

 

EU  c’era una volta
↑ ソースの絡みならタリアテッレなんかよりペンネみたいな形のほうが上と違うの?

 

イタリア  c’era una volta
↑ そうなんだけど
『卵入りのパスタで』+『ソースが絡みやすい』となるとやっぱタリアテッレということで

 

イタリア  c’era una volta
タリアテッレは乾麺じゃなくて生麺のパスタ、そして卵入り
それでソースとぐいぐい絡むんだわさ

 

ローヌ=アルプ  c’era una volta
トップギア・イタリア編
リチャード・ハモンド「スパゲッティ・ボロネーゼ食いてえ! ない! ない!?」
ジェレミー・クラークソンは落ち着いていわゆる本物のボロネーゼ(ラグー)を旨い旨い言って食ってた

 

ボローニャ  c’era una volta
個人的にはスパゲッティというパスタ結構好きなんですけど
ボローニャ地方のパスタではないので

 

イタリア  c’era una volta
殆どのレストランでまずソースを決めたあとで、「この種類のパスタでお願い」ってできるぞ
そんなにスパゲッティ・ボロネーゼがいいならをパスタをスパゲッティに変えてもらえば済む話

 

フィンランド  c’era una volta
右のほうがトマトたくさん使ってて旨そうじゃん
左のよりはマシな程度のパスタなら俺でも作れる

 

ボローニャ  c’era una volta
ボロネーゼソースはあくまでもシーズニングであって大量にぶっかけて麺の味を殺しちゃあならないの

 

フィンランド  c’era una volta
ケチャップは?
ケチャップはどこw

 

EU  c’era una volta
左はとにかくソースがぜんぜん足りなすぎんだろ

 

イタリア  c’era una volta
↑ 後ろに写ってるソースはなんのためにあるのかな~

 

ポルトガル  c’era una volta
右のチーズはいかにも袋入りのチーズをそのまま振りかけましたってかんじ
左の神々しいパルメザンチーズに比べると激しく見劣りする

 

ポルトガル  c’era una volta
右のはミート・ソースも瓶入りのをそのまま使ってる可能性もあるレベル

 

オーストリア  c’era una volta
左のパルメザンもたいがいなんですけど
塵みたいw

 

スウェーデン  c’era una volta
正統派ボロネーゼのレシピを誰か教えてくれんかね

 

ポーランド  c’era una volta
↑ 冷蔵庫にある残り物の肉類をぜんぶ鍋に入れる→ チキンのだし加える→ 長時間煮る
コツはトマトを入れすぎないこと
トマトソースじゃなくてミートソースなんですから

 

ボローニャ  c’era una volta
白玉ねぎ、セロリ、人参、パンチェッタ→ 油かバター→ 合いびき肉→ サンジョヴェーゼ系赤ワイン(無かったらフルボディ系赤ならなんでも)→ 濃縮トマト、牛肉のストック→ 数時間コトコト→ ラグー完成→ 好みで牛乳、ナツメグ追加

 

ボローニャ  c’era una volta
例えばカリフラワーのソース作るならカリフラワー茹でたお湯でパスタも茹でると尚いいね

 

ボローニャ  c’era una volta
少なくともボロネーゼにかけるチーズはハードタイプ
そんで熟成させたやつであるべき
右のチーズは量も多すぎる
パスタの味を殺したらダメだって何度言わせるw

 

annonymous  c’era una volta
俺はパスタ100グラム、ソース200グラム、チーズ200グラムの料理のほうがいい

 

ボローニャ  c’era una volta
↑ 好きなものを食べるのが一番いいんですよ
ただあんたのその料理をボロネーゼと呼ぶのだけは勘弁
関わり合いにはなりたくないですww

イタリア「独自進化しすぎだろ!」 日本のナポリタンにイタリア人困惑
ttps://www.reddit.com/r/europe/comments/5wyar7/the_difference_between_tagliatelle_alla_bolognese/


【スポンサードリンク 】


Powered By 画RSS

【関連コンテンツ powered by google 】


【お世話になっているサイト様です。よろしければご覧になってってください】
Powered By 画RSS

※頂いたコメント内にリンクがあるとスパム防止機能のため『承認待ち』になります。ご容赦ください

※リクエスト募集しております。該当掲示板/スレが見あたらず記事にできないことも多いですがお気軽にどうぞ



【お世話になっているサイト様です。よろしければご覧になってってください】

Powered By 画RSS

Related Post

  21 Responses to “イタリア「大正義イタリアのパスタ・ボロネーゼと、その他欧州のまがい物、どこまで違うのか?」海外の反応”

  1. 自国の食にプライドがありどこまでも保守的なイタリア人ほんとすき
    君たちはそのままでいてくれ

     
  2. 実に面白かった。
    こだわりってのがあるんやなぁ・・・。

    ここでナポリタン出したらぶっころだろうな(確信)

     
  3. いいよなイタリアの姿勢。
    仏は自国料理に他国のいいところを入れる。
    日は他国料理に自国のいいところを入れる。
    伊は交ぜない!w

     
  4. 普通のスーパーにも何百種類のパスタが有ってそれぞれに調理方法があるそうな
    パスタの事語ってたらイタリア人がきれるのも無理ないと思った

     
  5. うどんは好きだけど、きしめんは苦手なので右がいいです。
    高級イタリアンとか左画像と同等、又はショートパスタ出てくる。
    ソース美味しいよ確かに……ゴルゴンゾーラはショートがいいとも思う。
    でも、1.6mの普通のパスタが落ち着く。野球

     
  6. イタ公はフランス料理なんてウチのパクリとか思ってそうだしな
    まぁでも最もメシウマな人種の一つなのは確か

     
  7. こんな時間に読んでしまったことを後悔した!
    あー夢見そう。てかお腹すいたw眠れるのかw

     
  8. だから、伊以外の欧州のイタリアンの常識と伊とでもだいぶ違うし、 伊も地域で別物みたいにローカライズ・魔改造されている場合があって、伊内でも非難の応酬やっているくらいだからw

     
  9. ひき肉のトマトソース煮込みスパゲティにチーズ山盛も大好きだけど
    都内の某有名イタリアンレストランで右のが出てきたときはちょっとがっかりした

    ボロネーゼはもちもちした麺の食感がおいしいのにとおもう

     
  10. でもスシポリスは叩き潰した白豚…。特亜経営の寿司屋で食中毒と聞くたびにザマミロと思っちゃう。

     
  11. イタリア人の食い物に関する偏狭さには心底がっかりする

     
  12. ボロネーゼ本格的なのつくると、ぼそぼそしがちなんですが何が失敗要因なんでしょうか……

     
    • 多分、合い挽き肉が良くない。
      豚は脂身たっぷりのバラ肉をひき肉にする。←コレがおいしくしっとりする秘訣!
      牛は赤身をひき肉にする。ほんの少しパンチェッタを入れる。
      あとは、トマト缶じゃなくて煮詰めたトマトソースを使う。野菜は沢山入れない。

       
  13. めっちゃ楽しそうでワロタ

    「なんかの邪悪なおまじない?」は良いフレーズだわ

     
  14. ラザニアにフライドポテトの付け合わせで、炭水化物の重ね食べって
    日本でいうところのラーメンとライスか。外国にもあるんだな。
    ほかにもパターンあるのかな。

     
  15. この偏狭さがイタリア料理を旨くしたのかねぇ
    しょぼいスタンドみたいなトコでも旨いもん出すもんなぁ

    芋に関しては炭水化物がどうとかは関係なく純粋に芋が好きなんだと思うわ
    イギリスがやり玉に上がってるけどイギリスドイツ辺りから北は皆とにかく芋でしょ

     
  16. レトルトのボロネーゼも割と旨い。
    たまにポモドーロと間違えて買ってしまうことも。

     
  17. 本物の巻き寿司を台無しにしてる米人のフェイク寿司とか、
    朝鮮人のキムバプとかいうインチキ寿司とか、寿司に対する冒涜である!
    日本人として認めるわけにいかん!

     
  18. 楽しく読んでたがアメちゃんのお米みんな同じ発言に あ゛?となる。
    短粒種と長粒種ぜんっぜんちげーからな。
    アメリカ人にもわかりやすく例えてやるとハムとベーコンくらい違うからな。

     
  19. アメリカは、カリフォルニアロールとちゃんと自分の名前をつけてる。
    あれを京都ロールなんて名付けてたら、日本だって文句あったろ。

    それをやってるのがナポリタン。
    横浜スパゲティとでもしとけば今頃、地元の名物になってたのに。

    ひどいのは長崎のトルコライス。
    トルコまったく関係なし。3色ライスが語源ならトリコロールライスでいいだろ。
    それどころかイスラムが食べない豚肉を使って、あろうことか
    トルコ大使館に行ってこれをトルコ公認にしてとまでやった(当然拒否)。

    最悪なのは、トルコの船が遭難してトルコ人が数百人も死んだ悲劇の日を
    トルコライスの日と決めたこと。
    トルコの日じゃなくて、トルコライスの日だぞ。
    事故が起きたのは和歌山沖で、その時の日本の救助が美談になってるが
    長崎はまったく関係ない。(だからこんなマネができるんだろう)
    長崎原爆の日を、チャンポンの日にしてやればいい

     
  20. めっちゃ早口で言ってそう

     

 Leave a Reply

※ 名前、メール、URL欄は必須ではありません

...

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial