4月 032018
 
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

follow us in feedly
【スポンサードリンク 】

annonymous c’era una volta
日本で仕事の予定です
そこで日本は虫だらけ虫に遭遇しまくり、みたいな話をよく耳にしますけどみなさんどうしてますか
自分はぜんぜん虫ダメなタイプなので

 

annonymous c’era una volta
北海道なら寒いから虫少ないです?
他に虫が少ないので有名な都道府県はありますか?
自分で勤務地選べるわけじゃないけど一応知っておきたい

 

annonymous c’era una volta
日本というのは人生とかおまえ自身についていろいろ教えてくれる国でな
もし>>1も日本に住んだら虫との付き合いくらい大したことないってなるよきっと

 

茨木  c’era una volta
日本の虫くらいべつに大したことはない
夏場に一匹か二匹耳に入ってきて鼓膜を食い破られる前に救急行かなきゃ
せいぜいそのていど

 

岐阜  c’era una volta
そのうち朝起きて首筋にムカデ這ってたくらいじゃフーン…てなもんになるからセーフ

 

annonymous c’era una volta
↑ おいw
ムカデはダメでしょうが

 

annonymous c’era una volta
うちに出るムカデ達には名前つけてる
テッドとビリー

 

annonymous c’era una volta
ムカデはいつも忙しそうにしてる不思議な生き物

 

annonymous c’era una volta
ムカデの突然出現っぷりがわけわからん
何もなかった壁に一瞬で現れてきやがるのなんだあれ

 

茨木  c’era una volta
以前の俺: コバエや蚊、ほんとイヤ、たべものにくっついたりとか勘弁
現在の俺: 虫が食べ物にひっついた→ よっしゃ! 追加プロテイン!

 

茨木  c’era una volta
蜘蛛の巣を払うのやめたらクモたちがいい仕事してくれるようになったな我が家の場合

 

茨木  c’era una volta
スズメバチの巣ができて撤去しようとしたらおれの大事なとこを数回刺されたときが一番ヤバかったくらい
そんなわけで日本の虫はほぼ取るに足りない

 

東京  c’era una volta
起きたらおれの顔10センチのとこをオオスズメバチがホバリングの恐怖

 

茨城  c’era una volta
オオスズメバチはハチドリくらいのサイズあって何度でもブスブス刺してく凶悪生物ぞ

 

九州  c’era una volta
ムカデ
あれは生きてて這ってくる悪夢

 

鎌倉  c’era una volta
うちの流しのムカデ

 

佐賀  c’era una volta
夏場になると出くわすムカデ
しかも再開するごとに成長してサイズでかくなってくるw

 

佐賀  c’era una volta
天井に張り付いてるムカデ「あっ俺くん接近」
天井に張り付いてるムカデ「 …」
→ 俺のアタマめがけてダイブ〜
↑ 悪のニンジャかよwwwやめれwwwww

 

annonymous c’era una volta
ムカデには俺は肉切り包丁で立ち向かってた
オーバーキルとかそんな悠長なこと言ってる場合じゃねー

 

annonymous c’era una volta
ムカデはぶった切ると仲間呼ぶホルモン出すんじゃなかったか

 

annonymous c’era una volta
特に南日本の田舎行くと虫すごいんだそうですね
くわばらくわばら

 

大分  c’era una volta
九州です
おれの地元(アメリカ中西部)とくらべて九州の虫はとにかくでかいw

 

大分  c’era una volta
おれのめいっぱい広げた手とおんなじくらいのトンボも見かけたなあ

 

佐賀  c’era una volta
俺んちはムカデ屋敷化して業者に燻蒸してもらうことになったレベル
っつっても外側スプレーだけだったが
それでその夏はムカデ無しで過ごせた

 

佐賀  c’era una volta
ムカデ以外はまあ慣れの問題

 

鎌倉  c’era una volta
鎌倉にいた謎の生物

 

annonymous c’era una volta
↑ それはたんなるシャクトリムシでは?
ハワイ諸島では、1972年に肉食性に進化したシャクトリムシが発見され、大きな話題を呼んだ。ハワイからは13種の肉食シャクトリムシが知られている。同属の種は世界に広く分布しているが、肉食が知られているのはハワイ産のものだけである。従って、ハワイでのみ、このような特殊な適応が生じたと見られるが、その理由等は不明である。wikipedia

via GIPHY

 

annonymous c’era una volta
ゲジゲジ

天狗星にちなむ「下食時(げじきどき)」から「ゲジ」となった説や、動きが素早いことから「験者(げんじゃ)」が訛って「ゲジ」となったという語源説がある。
他のムカデと異なり、昆虫と同じような1対の複眼を有し、高い視覚性を持つ。
多くの多足類と同様、幼体は節や足の数が少なく、脱皮によって節や足を増やしながら成長する。
鳥等の天敵に襲われると足を自切する。切れた足は次の脱皮で再生する。wikipedia
https://complexcat.exblog.jp/2106386/

 

annonymous c’era una volta
ゲジゲジは日本ではついぞ見なかった
ロサンゼルスでなら見かけたことはあるw

 

東京  c’era una volta
日本でも東京とかその他都会なら虫を見かけることもあまりない
セミはうるさいからあーいるなってわかる
その程度

 

annonymous c’era una volta
うちの寮を設計した人「寮のすぐ脇に樹を植えよう。寮生もうれしいはず」
おかげさまで窓のすぐ外で一日中セミがみーんwwwみーんwwwみーんwwwww

 

annonymous c’era una volta
けっきょく出会わずじまいだったが日本にはブヨとかいう最悪に恐ろしい虫もいる
咬まれたとこがグレープフルーツくらいの大きさに腫れ上がったりするやつ
ブユ: 関東ではブヨ、関西ではブトとも呼ばれる。幼虫は清冽な水質の指標昆虫となるほど水質汚染に弱いため、住宅地などではほとんど見られない。そのため成虫は渓流の近くや山中、そうした自然環境に近いキャンプ場などで多く見られる。
吸血の際は皮膚を噛み切り吸血する。その際に唾液腺から毒素を注入するため、翌日以降に患部が通常の2~3倍ほどに赤く膨れ上がり激しい痒みや疼痛、発熱の症状が1~2週間程現れる(ブユ刺咬症、ブユ刺症)。腫れが1ヵ月以上ひかないこともままあり、慢性痒疹の状態になってしまうと完治まで数年に及ぶことすらある。多く吸血されるなどした場合はリンパ管炎やリンパ節炎を併発したり呼吸困難などで重篤状態に陥ることもある。また、掻くと腫れが一向に引かなくなり(結節性痒疹)、治ったあともシミとして残るので、決して傷口を触らないことである。wikipedia

 

annonymous c’era una volta
東京なんかでも地面近いとこ住んでたらゴキブリくらいは出るし

 

annonymous c’era una volta
ゴキブリ「だってぼく刺さないし無害だから…」

 

annonymous c’era una volta
愛知の古い寮に住んでたけど年に5匹くらいゴキ見かける以外は虫らしい虫が出たことなかった
蚊すら見なかった

 

annonymous c’era una volta
↑ ムカデもアシダカもなし?

 

annonymous c’era una volta
↑ なしw
ムカデは外の公園で一回だけ発見
アシダカは一回も見てない
あーあとヤモリが一匹

 

annonymous c’era una volta
日本のいいとこはたくさんあるけどきれいな虫が多いというのもその一つですね
ゴージャスなトンボ達、カブトムシ、虹緑色のコガネムシ
虫が多いということはヤモリの餌があるということで、都会でも時々かわいいヤモリを見つけることができます

 


【スポンサードリンク 】

annonymous c’era una volta
彦根でみつけた虫

 

annonymous c’era una volta
↑ ハンミョウだね
こいつは足速い
ハンミョウ: 人が近づくと飛んで逃げるが、1〜2m程度飛んですぐに着地し、度々後ろを振り返る。往々にしてこれが繰り返されるため、その様を道案内にたとえ「ミチシルベ」「ミチオシエ」という別名がある。wikipedia

 

annonymous c’era una volta
ほお…きれいな虫みっけたな羨ましい

 

横須賀  c’era una volta
これはなんでしょう?

ググるとジャパニーズ・ビートルとかでてくるけどちがうよね
コガネムシ科なのは間違いないと思うが

 

annonymous c’era una volta
クモ好きなら日本はコガネグモ系のきれいなのがいろいろといていいんです
コガネグモ科: 世界で160属2600種が知られる。日本では120種ほどが知られる。
コガネグモは常に網の中央に止まる。オニグモ類のクモは網の隅に隠れている。トリノフンダマシ類は、夜間に水平丸網を張るが、構成する糸が極端に少ない。ゴミグモやハツリグモは、丸網の中央に隠れ家としてゴミや枯れ葉をつるす。
雄は雌より小型で、成虫になると、網を張らずに雌の網を訪れる。雌の網を見つけると、枠糸に止まって、それぞれの種に独特の方法で糸を弾き、雌の機嫌を伺う。wikipedia

 

群馬  c’era una volta
群馬の田舎のほうでもそんな虫に悩まされるということはなかった
蚊はうざかったけど日本にはあの霊験あらたかなムヒとかいうかゆみ止めあるし

 

annonymous c’era una volta
ムヒぶっちぎりで効き目あるよねw

 

annonymous c’era una volta
日本で虫に咬まれてこんな腫れた自分は危機感持ったほうがいい?
熱はありません

 

annonymous c’era una volta
↑ …大丈夫か?

 

annonymous c’era una volta
お医者さんに診てもらったほうがよさそう

 

annonymous c’era una volta
クモによる咬傷にみえる

 

annonymous c’era una volta
水ぶくれここまで成長

 

日本  c’era una volta
うちのズッキーニにこんな虫がついてたけど害あり?

 

annonymous c’era una volta
↑ Aulacophora indicaという虫
ズッキー二大好きなんで喜んでムシャムシャしてるはずw

 

埼玉  c’era una volta
埼玉でみつけたハートマークの虫

 

annonymous c’era una volta
↑ うーん
エサキモンキツノカメムシ、かな?
咬んだり刺したりはしないはず

 

鎌倉  c’era una volta
うちにいた巨大クモ

 

annonymous c’era una volta
↑ これ日本のどこ?

 

annonymous c’era una volta
↑ 鎌倉の極楽寺に住んでたときの写真です

 

annonymous c’era una volta
こんなクソデカいクモが家の中にいてどーすんだよw

 

annonymous c’era una volta
↑ ほっといた
奴は奴
おれはおれ、みたいなw

 

annonymous c’era una volta
こんなクモの居る部屋で寝るとかおれにはぜったいムリ

 

佐賀  c’era una volta
アシダカグモは見た目はあれだがいいやつなんで
見つけてもボコったりしないで虫取り網で捕まえて別の場所に逃がしてあげよう

 

アメリカ  c’era una volta
アシダカグモは日本での生息域がどんどん北に伸びてるらしい

 

annonymous c’era una volta
ネットでトイレの便器の内側に潜むアシダカというのを見たことある
マンガ読みながらまったりトイレに座ってるときにこいつにケツの穴噛まれたりすんじゃ

 

annonymous c’era una volta
↑ これよ
俺が恐れてるのは

 

annonymous c’era una volta
おれあんま殺生好きじゃないし
奴(アシダカ)はあまりおれには興味ないみたいだったし
そのままで問題なかった

 

annonymous c’era una volta
極楽寺はとてもいい土地だったぞ
ビーチまでも徒歩10分!

 

annonymous c’era una volta
ゴキ嫌いにとってアシダカほど頼もしい味方はいらっしゃいませんので

 

annonymous c’era una volta
アシダカが完全バーサーカーモード入ったの目撃したときはさすがにヒエッてなった

 

annonymous c’era una volta
うちの床に佇んでらっしゃった軍曹

 

新潟  c’era una volta
佐渡島の金鉱の外でまったりしてたかわいい奴
こんな大きなクモを見たのは初めて
写真撮ったあと信じられないすごいスピードで去っていったw
アシダカ?

 

annonymous c’era una volta
↑ キシダグモ科の…
イオウイロハシリグモかその近縁種のようにみえますね

ttps://www.reddit.com/r/whatsthisbug/comments/87zgw7/found_this_bug_on_my_balcony_in_japan_1_coin_for/
ttps://www.reddit.com/r/Allergies/comments/6tuhsz/bug_bite_in_japan_should_i_be_worried/
ttps://www.reddit.com/r/whatsthisbug/comments/4i7rvn/saitama_japan_bug_with_a_heart/
ttps://www.reddit.com/r/whatsthisbug/comments/50v1ac/bug_in_hikone_japan_lake_biwa_area_what_is_this/
ttps://www.reddit.com/r/japan/comments/1j5fc0/how_did_you_deal_with_insects_in_japan_where_you/
ttps://www.reddit.com/r/whatsthisbug/comments/46ea1x/niigata_japan_cute_fuzzy_huntsman_chilling/


【スポンサードリンク 】




※頂いたコメント内にリンクがあるとスパム防止機能のため『承認待ち』になります。ご容赦ください




Related Post
 
 
 
Summary

  111 Responses to “【閲覧やや注意】「虫だらけの国、日本。そこに住む皆さんはどう対処してますか?」海外の反応”

  1. 東京生まれで23区住みなんだけど、少し前に窓際で全長10センチくらいの巨大蜘蛛の抜け殻を見つけた。
    巣を作るタイプでは無く走り回るタイプ。
    生まれてから今まで家の近くであれ程でかい蜘蛛を見たことないのでアシダカの棲息地域が北に伸びてるというのは事実なのかもしれない。

     
    • アシダカグモの現在の生息北限は神奈川の湘南周辺って言われてるんだよね
      23区で10cmくらいならユウレイグモの仲間じゃないかねえ
      ユウレイグモは昔からもうちょい北、千葉や茨城あたりにも生息してたはず
      東京でも古い民家なんかにはたまにいる

       
      • 23区住みだけど、3年前ぐらいに見たこともないようなでかい蜘蛛が現れて
        写真取って調べたら、アシダカグモだったって事があったので
        生息数は少ないかもしれないけど、奴らは確実にいるよ…

         
      • 俺は茨城で見たことあるぜ。

         
      • アシダカは日本の生態系にすっかり組み込まれた外来種のひとつだね

         
      • 千葉の最北端で古い日本家屋住みだけど 5年前からアシダカ一家と同棲中
        最初に遭遇したのが15センチくらいの巨大な奴で
        まさかこんな北にアシダカがいるとは思わず何かの悪夢かと思ったよ
        猫を飼っているのでゴキブリ駆除の薬や道具が使えなくて困っていたので天の助けだった
        以来ゴキブリは激減
        ただ猫がアシダカを狩るのでアシダカもそのうち絶滅しそう

         
  2. 中国人は犬も猫も食べます

     
  3. 子供のころはうちの庭にトンボやトカゲ、ムカデやカエルと季節ごとに色々出現してたんだけどここ数年は殆ど見なくなってしまった...
    住めるところがどんどん減っているんだなぁと実感する

     
    • 夏の夜は隙間がないぐらいツマグロヨコバイが窓を埋め尽くし、それを食べにくるカエルが100匹近く集まって来たのを今でも思い出す。
      朝になると、国道には子供の手のひらくらいの蛾が5メートルおきに落ちていた。

       
    • 日本人でも今はホタルとか見たことない人のほうが多いんだろうな。

       
      • 30代のオッサンだが一度も見たことない
        若い世代はもっと多そう

         
    • トンボは季節になるとうちの庭にクッソ飛んでるわ

       
    • そういえば雀も最近あまり見なくなったな

      四国のとある県庁所在地の水田付近だと蛍や夜のカエルの大合唱やトンボが飛び回るのは未だにあるんだけどもw

      どれも首都圏に来て天然物を一回も見てないし聞いてもないな

       
  4. このスレ読んでスレ主は今頃日本勤務キャンセルしてると思う。

     
  5. 神「世界で蚊は年間83万人殺してるけど日本のやつはほぼ無害にしといたわ」
    ワイ「お前マジで神すぎるやん」

     
    • いやいや戦前というか数十年前まで土着マラリアいて死人たくさんいたわ。農地改革で沼減らしたり殺虫剤の改良とか先人のたゆまぬ色々な努力によっていなくなったんで、神様がやってくれたわけじゃない。それは冒涜に等しい。
      http://www.pestcontrol-tokyo.jp/img/pub/071r/071-04.pdf

       
    • いやいや戦前というか数十年前まで土着マラリアいて死人たくさんいたわ。農地改革で沼減らしたり殺虫剤の改良とか先人のたゆまぬ色々な努力によっていなくなったんで、神様がやってくれたわけじゃない。それは冒涜に等しい。

       
      • 一つ前の名前の匿名をクリックすると「蚊媒介性感染症はなぜ日本で減ったのか?」のPDF読める。

         
  6. タイトルに閲覧注意入れたほうがいいんでは

     
  7. 日本の蜘蛛は毒蜘蛛はまずいないから不快ってだけなのでほっとけばよろしい
    草むらにいくならノミが感染症の源になってて怖い
    下手したら死ぬ
    そういう場所に行かなければ一番怖いのはスズメバチとムカデくらいかな

     
    • 毒蜘蛛は普通にいるぞ

      田舎とかだと背の高い草むらとか笹の中とかは
      要注意
      偶に家屋にも侵入する程には

       
      • なお、どうでも良い事だけど
        毒グモにやられると、痕が残るケースもある
        実際、20年も前に刺された所、未だにかすかに痕あるし

         
  8. ごめん入ってた

     
  9. オケラって子供の頃、一度見ただけだけど凄い衝撃だったわ
    ゴキブリなんて見慣れたら可愛いもの

     
    • 歌にもなってるのに見たことない。見たことある人の方が少ないんじゃないか。

       
      • 同じく見たことないのでググった
        やべぇ可愛い遭遇してみたい

         
    • オケラかわいいじゃん

       
      • オケラかわいいよね、見つけたら両手で掬うように採ると頑張って掘ろうとするのが可愛いんだよ
        毛があるからフワフワしてるしホント見つけたらやってみ

         
    • 我が家では今日からオケラが鳴き始めました。
      初夏が近づいてきたと感じる音色です。
      ちなみに財布もオケラです。

       
  10. 向こうでも軍曹は軍曹呼びなのか?

     
  11. 知り合いのアメリカ人は、こんな綺麗な蜘蛛は見たことないって
    女郎蜘蛛の模様に感動してたな。

     
  12. 宮古島に住んでたときに初めてアシダカグモらしきものを見た。すごい早さで壁を走ってゴキブリ捕まえてた。俺んちも守って欲しい。

     
    • 軍曹が居るって事はGやムカデがその付近に居るって事だからな
      逆にGやムカデが居ない事を喜ぶべきでは?

       
  13. オーストラリアみたいに生き死にになる虫は1つか2つ
    気にすんなー

     
  14. オーストラリアで虫の洗礼を受けてくれば、日本が天国に感じるよ

     
  15. 北海道はムカデも少ないと思う
    ゲジはいるが・・・ちなみに群れでいて臭いやつはヤスデ

    でもほんとにノイローゼになるのは蟻
    あれは一番やばい

     
  16. 刺されると水膨れになる虫ってなんだ?

     
    • たぶん水ぶくれはアレルギー反応の問題で虫の種類はあんま関係ないと思われ

       
  17. かゆい

     
  18. すげー、初めてレベル100のゲジゲジ見たよ
    ゴキブリ食うからアシダカ益虫とかいう人よく見かけるけど
    どう考えてもゴキブリより気持ち悪いんだが・・・200倍ほど
    ゴキブリ部屋にいたら「おおぉ」ってなるけど(てか全然平気)
    アシダカ見たら叫ぶぞきっと

     
    • 頻繁にゲジゲジちゃんに会ってる田舎民からすれば、東京のレベル100のゴキちゃん見たときの方が心臓止まるかと思ったよ(´;ω;`)
      おかげで一晩中眠れなくなったよ……

       
  19. >>ゴキ嫌いにとってアシダカほど頼もしい味方はいらっしゃいませんので


    これ、過大評価のとこあんだよね
    あいつらって、気温が20度近くなってくると、もう冬眠モードに入ってあんま動かなくなるんで活動期間がけっこう短い
    最近の冷蔵庫裏とかに潜んでて冬場に出てくるゴキブリには未対応

     
    • わかる
      個体差もあるよね
      去年いた軍曹は全然働いてくれなかった
      人間が近づくと逃げるっていうけど全然逃げない奴とかいた

      ゴキブリは嫌だけど、アシダカは我慢できるわ。同じ部屋にいてもまあいいかと思えるようになった

       
      • アシダカさんのサイズになるとねー
        複眼もでかいんで真っ赤に三つ光ってるのが観察できるから一度暗いところで見てみるとよろしよ

        あとけっこうご長寿で10年くらい生きてるんよね
        昔うちに生息してた長老さん(足が七本しかなかったんで区別ついた)は自分が幼稚園くらいのときから中学くらいまで生きてて、そん頃には足拡げると25cm超えててもんすごいでかかった
        クモって死ぬまで脱皮しては成長するらしいから、どんくらいまでいけるか南方民にはトライしてほしい
        腕より太い衝撃の世界最大のヒル育てた東北の人は動画で世界的に有名になったし、世界最大アシダカも育てればいけると思われ

         
    • しかも、けっこうな量のフンをする。

       
  20. 新潟の田舎だけどあしだかもでかいゲジもムカデも(外のゴキも)いないぞ
    大きくてオニヤンマと女郎蜘蛛くらいか
    池があるから小さい羽虫と蚊は東京より多いけどね

    佐渡の蜘蛛の写真見ていまだに信じられんけど、まあ縦に長い県だからしかたないか

     
    • まあ、場所によるわな。
      家の方だとヤンマ計3種類前後とムギワラトンボ、イトトンボが5種類くらいは最低いる。
      蝶はモンシロ/キチョウとヒョウモンチョウ、アゲハとシジミチョウとセセリチョウは各3種類くらいはいる。
      ムカデは春に家に入ってくるし、蜘蛛は払いきれないくらいいる。
      確かにアシダカはいないな。

       
  21. ムカデとブヨはよっぽど山近くじゃないといないな

     
    • それがですね、ムカデは川っぺりでも出るんですよ。
      ソースは多摩川下流沿いの旧我が家。

       
  22. ブヨはとにかく痒い
    アブは痛い
    山には蚊がいない

     
  23. ゲジゲジは滋賀が起源だと、京都の人に聞いた。

     
  24. アシダカがゴキを全滅させてくれるのならば頼もしいが、それはないのでは
    ゴキがいるからアシダカもいるということで
    共存されるだけのようなw

     
    • アシダカかどうか知らないけど
      家はダニ退治のついでにクモがやられちゃったみたいで
      クモを見なくなった途端にゴキが湧きだした
      おそらく幼虫を食っててくれたのかもしれないね

       
  25. うちの地方ではブユ。
    ブヨっていうとちょっとカッコつけしい。

     
  26. 『おれの地元(アメリカ中西部)とくらべて九州の虫はとにかくでかいw』
    そうか?昆虫に限らずアメリカの方が何でもデカい印象があるけど??

     
  27. 軍曹は仕事が終わったら人知れず姿を消すからほっとけばよろし
    それより肉食尺取り虫将来さらに進化して巨大化するんでしょ映画で見たわ

     
  28. ゲジゲジは芋の味がして美味しいらしいよ

     
  29. 意外と気づかれてないのは蟻
    蟻でも在来種でも刺すのがいて
    状況次第じゃ、病院に運ばれる程にはショックを起こすケースも
    農作業中に刺されて運ばれた話を聞いた事があるし

     
  30. 軍曹が引き戸の隅っこに居る事を知らず、掃除してたら反対側を開けた瞬間・・・
    死亡して落ちてきた
    鹿児島だと、体1cm幅で15cmくらいの赤黒いムカデは良く居る
    山に入ると直径2cm体長30cm青紫のミミズ
    そんなおいらもゲジゲジは無理

     
    • あー、ゴンタロミミズねー
      雨降ってあれが出てくると故郷へ帰ったなーって感じするわ・・
      つかゲジゲジってあんま見なくなかった?
      ムカデは赤いのも青いのも緑のもうじゃうじゃいたけど、ゲジゲジって関東へ出てきて初めて見たぞ
      なんぞこれ?!と思って衝撃を受けた

       
  31. 見るだけでヤバいのは

    便所コオロギ(カマドウマ)
    ゲジゲジ
    ヤマナメクジ

    ヤマナメクジとか風呂場でやたらと伸びたのが出るからな

     
  32. 蜘蛛は他の虫取ってくれるから有り難い。今年もよろしくお願いします。

     
  33. >日本にはあの霊験あらたかなムヒとかいうかゆみ止めあるし
    確かにムヒは効くけど、同じくらい効く薬は他の国でもあるのでは?

     
  34. 在来の昆虫や小動物が豊かというのは、温暖で、且つ土地が肥沃で植物が多く、水資源も豊かで外来種に接する機会が少ないから。
    良い国に生まれたもんだと、蚊のいない時期は思うわ。

     
  35. なるべく都会のほうがマシ
    日本に趣味で住みたがる外国人は金銭面やエキゾチックさを求めて田舎に拠点を置こうとするから…

     
  36. アシダカ軍曹とゲジ伍長は見掛けても放っておこう

     
  37. ちなみに沖縄まで行くとアシダカグモさんがマッチョになったよなオオハシリグモさんがいます
    オオハシリグモさんは昆虫も獲りますがパワーあるんでカエルとかトカゲとかも獲ります
    水に潜って魚まで獲れます
    15cm超えるオオジョロウグモさんも沖縄の庭とかで巣をはっててマジで鳥がかかって糸でキリキリ締め上げられて食われてたりします
    他にもコウモリと見まがう世界最大の蛾のヨナクニサンさんも夜には飛び交いますし、サソリさんに刺されたりもします
    沖縄のゴキブリさんは携帯電話サイズでアグレッシブに飛んで攻撃してきますし、噛まれます(ホントよ)

    沖縄は虫の楽園なんで、欧米のみなさんはぜひ、めんそーち\(^o^)/

     
  38. 虫いっぱいの環境に住んでるけど、ヤバいのはやっぱ夏場のムカデかな
    逆に言えば実害のあるムカデ以外はそのうちほぼ気にならなくなる

     
  39. 九州のまあまあ田舎に住んでるけどムカデなんてまず見ないな
    古い家屋に出やすいのかな

     
  40. と、外来種が申しております

     
  41. 子供の頃はトンボだけでも何種類も飛んでいて
    蝶も変わったのがいたのにほとんど見かけなくなって
    セミがうるさいだけになってしまった
    そりゃそうだよね家の周囲にあった空き地や田んぼは全部住宅に
    用水路も蓋をされてしまったし

     
  42. そんな外国って虫いねーの?
    アメリカなんかは毒虫うじゃうじゃいるイメージだわ

     
  43. 蜘蛛は平気。甲虫はゴキ以外は平気。蜂も一瞬ビビるくらいかな。
    嫌なのは毒蛾とその幼虫。トラウマだわ。
    あとヌカカとかいうやつに去年はひどい目にあわされたのもトラウマ化したもよう。羽虫みたいなのを見かけると結構構えてしまう。

     
    • ヌカカ 知らなかった、調べた
      ブヨ並の痒さが集団でって恐ろしすぎ

       
  44. 手のひらサイズのクモ発見

    アシダカや~写真とっとこ~

    (^ω^ )フフフ…アシダカさんちょっと調べてみよ~

    アシダカじゃなくて普通に毒グモだった

    (^ω^ ;)アレ…?

     
    • 日本にいる毒グモは小型サイズばかりやで
      アシダカと間違えるってのはまず無い

       
  45. >>おれのめいっぱい広げた手とおんなじくらいのトンボも見かけたなあ

    いるかwこのたわけがw

     
    • 「手を広げる」の意味合いが違うのでは…
      「めいっぱい広げた腕」だったらいるきゃないけど。

       
  46. ハワイのシャクトリムシこええよ
    何だよこれ
    巨大化したらとんでもない武器になるわ

     
  47. 竹藪の近くに住んでるせいかナナフシがたまにいる
    自転車の上で枝のフリをするかわいいやつ

     
  48. 確かに虫だらけだけど、危険な虫って数えるほどしかないからそんなに気にならんけどね。
    むしろ海外の方が危険な虫が多いと思う。

     
  49. 日本は山ばかりで住める場所が少ないからな。

     
  50. イギリスの住宅街の歩道ってナメクジだらけで夕方後に歩くのがとても嫌だったんだけど。
    だって日本の何倍もある大きさなんだよ
    もう飛び跳ねながら歩いたわ

     
  51. うん! よくぞ刺されてくれました
    ムヒを塗ってるのはシロウト あれはダメ
    フルコートこれしかない!

     
  52. 水ぶくれ画像が一番グロイじゃねーか!

     
  53. 水ぶくれはノミによるもの。バルサン焚かないとダメ。

     
  54. ヤバイのはスズメバチくらいでしょ
    それでも一度くらい刺されてもタヒなないし

     
  55. ファーブル愛読少年だったから、糞コロガシと蟻地獄が大好きだったけど地元にはいなかったから悲しかった。
    その次に好きだったのがタガメとカマドウマ。
    この二つにも第三種接近遭遇できなかったな。
    人生、中々思うように行かないもんだ。

     
  56. どこの国だって虫ぐらいいるだろう
    大袈裟だな

     
  57. アシダカ軍曹には基本感謝しているが、田舎アパートに住んでた頃にポストにささってた朝刊を開いたらそこにいらっしゃった時は絶叫しそうになったわ

     
  58. 水曜どうでしょうオーストラリア編で見た、ミスターにまとわりつくハエの大群の方が鬱陶しいな

     
  59. 最終的にムカデ以外どうでも良くなった

     
  60. 基礎がコンクリで窓枠がサッシでなければ
    都会のど真ん中でも
    必ずハエ・蚊・ゴキブリ以外の虫が入ってくる。
    こんなの常識。

     
  61. 木々の多い寺社仏閣、公園とか隣接してる家屋はよく出るみたいだね、ムカデ。
    ただ、大抵のそういう世帯はみんな慣れてたよ。
    朝方布団に潜り込んでくるとか普通にあるらしい。

     
  62. 10年前とかと比べて、全体的に虫減ったよね?
    子供の頃とか道歩いてるだけでハエとかいて鬱陶しかったのに、最近全く見ないなって。

     
  63. 日本は虫多いの?東南アジアや南米のほうが多そう

     
  64. ここの元スレはオーストラリア人が見たら爆笑するんだろうな。
    (オーストラリアは巨大昆虫の楽園です)

     
  65. 芋虫系だけはムリ
    克服のために食ったこともあるけど余計苦手になった

     
    • 食して克服しようとするなんて勇者だな…!

       
    • 去年までは家庭菜園のプラムにたかる毛虫を駆除してきたが
      今年の晩夏はモンクロシャチホコの幼虫にチャレンジするつもり
      宇宙飛行士がカイコの幼虫を食べるんだから俺に出来ないはずはない

       
  66. 寝起きにムカデが首だか顔だかにいてふーんは話盛りすぎだな
    ド田舎住みでも普通に悲鳴あげるぞ
    ド田舎住みでもっていうかド田舎で刺されまくって激痛を知ってるからこそとも言えるが
    あいつら激痛だわ見た目キモいわやたら好戦的だわで最悪だよな

     
  67. 個人的に、ムカデは可愛いけど、ゲジゲジは鳥肌が立つほど苦手…

     

 Leave a Reply

※ 名前、メール、URL欄は必須ではありません

...

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial