6月 202018
 
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

follow us in feedly
【スポンサードリンク 】

annonymous c’era una volta

Cat in the trenches, 1940s. from OldSchoolCool

There's always time for kittens


ttps://imgur.com/JWlCXfY

 

annonymous c’era una volta
アフガンの戦場でも現地のネコどもときたらルンルンランランしてたなそういや
あれは正気を保つのに役立った

 

annonymous c’era una volta
兵士「ようネコ! ちょうど癒やしが必要な場面やってんあんがとさん!」

 

annonymous c’era una volta
1940年代の米政府は兵士の士気を保つための塹壕へのネコ配備にすごい熱心だった

 

annonymous c’era una volta
おれがもし戦場で死にかけてるとして
そこにネコがいたらやっぱあごの下を撫でてやりたい

 

annonymous c’era una volta
普通の猫は戦場の音を怖がると思う
こやつは耳が不自由な猫だったのかもしれん

 

annonymous c’era una volta
今週映画のセットでネコたちも配置してたわけ
で、爆発シーンでもこのネコ等がぜんぜん平気
ネコってすごいなあと思ったらぜんぶブルーアイの白猫だったというオチ

 

annonymous c’era una volta
敵兵士「あ、あそこにネコが! これヤベェやつじゃ~ん撃てねえじゃ~ん」

 

annonymous c’era una volta
兵士「この地上からファシズムを殲滅すために戦う!」
ネコ「あそんで~www」

 

annonymous c’era una volta
敵兵士「あ、ネコみっけ! あれなる癒やしマシーンを直ちに捕獲しろ!」

 

annonymous c’era una volta
敵兵士「ツナ缶わすれんな!」

 

annonymous c’era una volta
昔は害虫害獣避けってことでふつうにネコを塹壕に連れてってたとか

 

annonymous c’era una volta
むかしむかし野生だったネコが人の身近に住むようになったのがそもそも害獣対策に重宝したから

 

annonymous c’era una volta
第一次大戦後期くらいにはもう兵器が進歩しすぎて塹壕自体が時代遅れになりつつあったんだけどね~

 

annonymous c’era una volta
マジレスすると第二次大戦でも塹壕線はあった
マジノライン、スターリンライン、グスタフラインなど

 

annonymous c’era una volta
それでおれのCoD WW2にネコ居ないのどういうこと?
返品するぞコラ!

 

annonymous c’era una volta
きっと>>1のネコは敵地側にも行ったりしてたんだろな

 

annonymous c’era una volta
ネコ「あんたのツナ、敵のツナ、どっちもツナはツナ」

 

annonymous c’era una volta
>>1の兵士はイギリス兵かカナダ兵っぽい
>>1のブレン軽機関銃は米軍ではまったく採用されてない

 

annonymous c’era una volta
顔と雰囲気からするとイギリス兵士か

 


【スポンサードリンク 】

annonymous c’era una volta
兵士「ハハッ、ネコよ 生きて帰れたら一緒に暮らそうぜ…」

 

annonymous c’era una volta
冷蔵が発達する前の船舶にも害虫害獣避けにネコのっけてましたよね

 

annonymous c’era una volta
不沈のサム: 職業 船乗り猫。所属:ドイツ海軍およびイギリス海軍
不沈のサムは第二次世界大戦で3度の艦船の沈没を生き抜いた猫。乗船した3隻の軍艦は僅か半年の間に全て沈没し、救助した駆逐艦2隻も後に全て沈没した。
ビスマルク: 激しい海戦の後に沈没したが、2200人を超える乗務員のうち救助されたのは118人に過ぎなかった。イギリス駆逐艦コサックは、沈没の数時間後に海面に漂流する木切れの上にこの猫を発見して拾いあげて救助した。この猫はコサックが救助した唯一の生存者となった。
また船のネズミは技術が進歩した近代においても電線を齧ってショートや断線させる犯人とされた。猫は荒天を遠ざけるといった迷信もあった。こういった理由により第二次世界大戦でも様々な有名な「船乗り猫」が誕生している。wikipedia

 

annonymous c’era una volta



ttp://www.jannaludlow.co.uk/Cats/Index.html
ttp://southpeacearchives.org/2017/08/31/10-first-world-war-mascots/togo/
ttps://www.buzzfeed.com/oldtimeycats/35-cats-at-sea-d4cv?utm_term=.emM4w0XrM#.ftlPqpGlk
ttps://www.baxterboo.com/fun/a.cfm/surprising-stories-about-indispensible-ships-cat
ttps://www.reddit.com/r/OldSchoolCool/comments/7kaq6p/cat_in_the_trenches_1940s/


【スポンサードリンク 】




※頂いたコメント内にリンクがあるとスパム防止機能のため『承認待ち』になります。ご容赦ください




Related Post
 
 
 
Summary

  14 Responses to “海外のネコ【画像】「戦場の塹壕にて」海外の反応”

  1. 軍装品でチャオちゅーる常備ということかね

     
  2. >敵兵士「ツナ缶わすれんな!」

    敵兵士C「猫じゃらしもだ!」
    敵兵士J「マタタビもつけるぜ!」

     
  3. どうせ戦場で死ぬなら可愛いネコに寄り添われて死にたいわ。

     
  4. 俺は猫の安否を気にする方なので、安易に配備されても困るな。
    女性隊員居ると男性兵士は奮起して危険行為に飛び込む率が上がるとか言うが、俺は猫心配して駄目になりそう。
    ペット買うこと自体エゴだけど、戦場に持ち込むのもなぁ。
    人命優先、精神の安寧のためのアイテムなんだろうけれど、生き物だしな。

     
  5. ツナ缶なんか持っていかなくてもご飯には困らんだろ

     
  6. 日本が負けたのは猫を配備しなかったせいか

     
  7. 鬼島津も戦場にネコ連れて行ってたしね

     
  8. 猫は訓練しなくても匍匐前進得意だしな

     
  9. なんか全然関係ないけど、昔トルコ人がエジプトと戦争する時に、エジプト人がネコを神聖視していることを知って、盾にネコを括り付けて攻めたと言う話を思い出した。

     
  10.  「ネコ」を武器にしている戦争マンガがあったような・・・

     
  11. やはり戦争はよくない
    日本が関わった戦争は全て悪

     
  12. ネコって耳がいいらしいけど、銃の音とか平気なの?

     

 Leave a Reply

※ 名前、メール、URL欄は必須ではありません

...

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial