9月 012018
 
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

follow us in feedly
【スポンサードリンク 】

annonymous c’era una volta

 

ドイツ   c’era una volta
マクロン大統領「グビッ… …(なんじゃこれは…? クッこんなコーヒーは許さん!EUで規制してくれる!」

 

リトアニア   c’era una volta
↑ そのシーンのバックグラウンドミュージックはEUの歌でお送りいたします

 

フランス   c’era una volta
えー?
EUの歌なんてのがあるのマジで?w

 

ルーマニア   c’era una volta
あるのよ

ttps://youtu.be/5BoA4_HESy0

 

フランス   c’era una volta
まともなコーヒーが飲める国は世界でもそんなに多くはない

 

フランス   c’era una volta
規制しろよフィンランドの激マズコーヒーとか

 

フランス   c’era una volta
大統領にすらマズコーヒー出すような国か
俺みたいなただの人がコーヒー注文したらいったいどれだけ激マズなの掴まされるか見当もつかんな

 

フィンランド   c’era una volta
マクロンさんの飲んだコーヒーはおれらのソウルと同じくらいダークなブラックコーヒーだったってだけ

 

スペイン   c’era una volta
マクロン大統領はフィンランドのコーヒーがブラックだったからヘンな顔したわけではないんだよね
フランス人もフィンランド人とおなじでふつうブラックでコーヒー飲んでるんでしょ?
それでフランス人の大人は牛乳はそのまま飲む代わりにチーズ食ってるイメージ

 

フィンランド   c’era una volta
フィンランドでもブラックコーヒー+お供にレイパユーストというチーズは定番ですね
レイパユーストは牛乳にレンネットを加えて煮詰め、凝固した塊を布で濾してホエーを取り除いた後、塩を加え皿に広げて焼き上げる料理。伝統的に、乾燥させたレイパユーストは数年間保存することができ、食べる際には火に焙って柔らかくした
噛むと「キュッ、キュッ」と音のするような弾力のある食感が特徴。wikipedia

 

フィンランド   c’era una volta
そう…
きっとフィンランドのヘビメタのごとくダークなコーヒーだったんです…

 

annonymous   c’era una volta
↑ あんたらのヘビメタってさあ…
チェーンソーにディストーション繋いでヘビメタでございってやってるイメージ

 

フランス   c’era una volta
フィンランド人「マスター、コーヒー一杯たのむ。虚無の味で(フッ… 」

 

フィンランド   c’era una volta
フィンランド人「マスター、コーヒー一杯たのむ。ブラックよりブラックなやつ(フッ… 」

 

リトアニア  c’era una volta
人口10万人あたりのヘビーメタルバンドの数

 

annonymous   c’era una volta
マクロン大統領「グビッ… (北欧人はこんな旨いコーヒーを飲んどるんかい! 負けた!」

 

フィンランド   c’era una volta
フィンランドは一人あたり年間コーヒー消費量世界一の国
コーヒーの味にはうるさいんですよ?

 

フィンランド   c’era una volta
フィンランド人はコーヒーにはカネを惜しまない
まずフィンランドのコーヒーの豆はほぼ100%アラビカ豆
ロブスタ豆は一部の安物ブランド以外では使われてない
一般的にはロブスタコーヒーよりもアラビカコーヒーのほうが口当たりがよく高級品と考えられ、ロブスタコーヒーは低品質なブレンドコーヒーの量増しのために混ぜられたり、インスタントコーヒーの原料に用いられる。
しかしコーヒーにより深い「コク」と「パンチ」をブレンドするため香りの強いロブスタコーヒーが好まれることもあり、品質の良いロブスタコーヒーの豆はイタリアのエスプレッソのクレマと言われる泡に苦みを与えるために用いられる。ロブスタコーヒーはアラビカコーヒーの約2倍のカフェインを含有する。wikipedia

 

フィンランド   c’era una volta
フィンランドとちがって他のヨーロッパの国のコーヒー豆はだいたい安いロブスタ豆まぜてあるね

 

ドイツ   c’era una volta
ドイツ人のアラビカ豆信仰は異常
ドイツではたとえ靴を煮出したみたいな味のコーヒーでもパッケージみると100%アラビカ豆w

 

ドイツ   c’era una volta
ドイツの俺の街には幸いギリシャ系のおいしいコーヒーだしてくれる店がいくつもある
「さーて、あそこでコーヒーでも飲むか」ってなるとまず
→ そのカフェにギリシャ系ならぜったい置いてるバックギャモンがあるかどうかチェック
→ もしバックギャモンおいてなかったら「…やめとこか」ってなる

 


【スポンサードリンク 】

ドイツ   c’era una volta
うちから徒歩圏内にある二軒のカフェ
一軒はラテン南国風インテリア ←ギリシャ人オーナー
もう一軒はウィーン風、アールデコ調のカフェ ←ギリシャ人オーナー

 

annonymous   c’era una volta
マクロン大統領「グビッ… なんじゃこれウォッカじゃん?wwwww」

 

フィンランド   c’era una volta
↑ フィンランドではplöröと呼ばれる飲み物ですね

 

フィンランド   c’era una volta
昔ながらのplöröの作り方
コーヒーカップにコインを一枚いれます
→ コインが見えなくなるまでコーヒーを注ぎます
→ またコインが見えてくるまでウォッカを注ぎます
→ へいplörö一丁上がり!

 

フィンランド   c’era una volta
コイン入れたから不衛生マンが沸く前に言っとく
ウォッカですべて消毒されてるからセーフな

 

デンマーク   c’era una volta
デンマークのじじい「コーヒーには塩をちょいと振ると旨いぞ」

 

スウェーデン   c’era una volta
↑ それは雪をそのまま溶かして作った水だとピュアすぎてコーヒーが旨くないんで
塩ひとつまみ入れるってだけ
だからこの技は北国の人しか使わない

 

フィンランド   c’era una volta
コーヒー豆自体が不味いときも塩入れるとマシになるw

 

annonymous   c’era una volta
フィンランドのコーヒーは酸味強いですよね

 

フィンランド   c’era una volta
↑ 浅煎りの豆を規定の倍の量つかって淹れるのがフィンランド流
そうするとかなり酸っぱい味になるんです

 

ラトビア   c’era una volta
なるほど
フィンランドのコーヒーとにかく酸っぱかったわそういやw

 

フィンランド   c’era una volta
フィンランドではコーヒーというのはまず強力でなければならない
働くおじさんが一カップ飲んだら目玉がピクピクしてくるくらいでないと本物のコーヒーとはされない

 

EU   c’era una volta
フィンランド人は濃いめが好きならトルコで売ってるコーヒー豆なんかがいいんだろか

 

フィンランド   c’era una volta
ママにトルコ旅行土産でトルコのコーヒー買ってきたとき
それを飲んだママの反応「…まあまあね。でもこれだとフィンランドのコーヒー豆のときより多めに豆入れないと味薄い~」

 

フィンランド   c’era una volta
モロッコで飲んだコーヒーがまさに薄味でビビった
二回目からはトリプルエスプレッソで注文してやっとフィンランド風のコーヒーってかんじでした

 

フィンランド   c’era una volta
フィンランドのコーヒーの特徴はかなりの浅煎り
そんなに味自体は濃くないんじゃ

 

annonymous   c’era una volta
浅煎り=味薄め、カフェイン濃いめの豆になる

 

annonymous   c’era una volta
いや浅煎りは味濃いでしょ
つーか豆々しい味になる

 

スウェーデン  c’era una volta
安い豆ほど煎りまくってごまかそうとしよる

 

フィンランド   c’era una volta
うちの親「深煎りのコーヒー? ありゃコーヒーの燃えカス飲んでるようなもんじゃ」

 

フィンランド   c’era una volta
スタバもそういえば数年前までフィンランドにはなかったですね
いまでもフィンランド全土で10軒ないのでは

 

スウェーデン  c’era una volta
スウェーデンのコーヒーは世界一
次点でフィンランドのコーヒーが旨いと思う
あの飲むと胸毛がザワザワしてくるかんじはわるくない

 

スウェーデン  c’era una volta
スウェーデンのコーヒーは大きいマグカップに入ったエスプレッソのようなもの
強いんだけど苦くなくてまろやかなのです

 

annonymous   c’era una volta
北欧のコーヒーってのはな
チャラチャラ味を楽しむもんじゃねーんだよ
クオリティとか関係ねーから
でかいマグからズビビ!ズズズビビー!と胃に流し込む
クゥゥゥ! 燃料補給完了!
それが北欧流コーヒー

 

スウェーデン  c’era una volta
スウェーデンは地域によって水がかなり違う
スウェーデン北部とあとストックホルム界隈の水は鉄分多いんでまろやか系のコーヒーになるような気が

 

スウェーデン  c’era una volta
自分の町(スウェーデン最南端)の水道水はしょっぱい系w

 

スウェーデン  c’era una volta
スウェーデンではエスプレッソマシンはほぼ無いですね
どこもだいたいこういうドリップマシン

 

スウェーデン  c’era una volta
英米のコーヒーはマイルドすぎてクソ寒いスウェーデンで飲むのには向いてないと思った

 

ノルウェー   c’era una volta
アメリカのオフィス行ってコーヒーたまたま飲んだらすごかったなあ
コーヒー風味のお茶かよって味だったもん

 

annonymous   c’era una volta
イギリスで飲んだコーヒーは一週間くらい使いまわした豆をもっかい煮出したみたいな味がした
まず匂いがヘン
気味の悪い味
色までなんかヘンな色だったw

 

スウェーデン  c’era una volta
アメリカンコーヒーな
ありゃ白湯とかわらんがな

ttps://www.reddit.com/r/europe/comments/9bqiil/macrons_reaction_to_finnish_coffee/


【スポンサードリンク 】




※頂いたコメント内にリンクがあるとスパム防止機能のため『承認待ち』になります。ご容赦ください




Related Post
 
 
 
Summary

  22 Responses to “海外「フィンランドのコーヒーがマズすぎてフランス大統領がビビったと話題に」ヨーロッパの反応”

  1. マクロン大統領がコーヒー飲んだ写真、
    たった2枚でこれだけ話のやりとりだできることに感心した。

     
  2. マクロンは外交の場でこんな顔して批判されんのかな?
    安倍首相やトランプが同じことしたらボロクソに叩かれるけど

     
  3. つうかフィンランドのコーヒーのイメージがつかめんので、
    おもしろさがいまいちわからん(´・ω・`)
    フィンランドのコーヒーが把握できてる日本人ってあんまいないし

     
    • これな。
      フィンランドのコーヒーはまずいっていうステレオタイプがあるんだろうか。

       
    • イタリアのベルルスコーニ元大統領が
      「フィンランド料理はまずい」っていってたけど、
      コーヒーもまずいのかね。

       
      • フランスのシラク元大統領も「イギリス料理よりマシな程度」と言ってる
        寒すぎて野菜や果物が手に入りづらいお国柄だから仕方ないのかも

         
      • なんだかフィンランドが不憫になってきた

         
  4. 私はコーヒーをいれるのが苦手で、どうしても薄くなるか濃くなり過ぎるんですよね…
    前に職場でいれた時は濃すぎとダメ出しをくらい、最近いれたらアメリカンのお湯割か?って不評だったな…

     
  5. コーヒー好きな俺は面白かった。
    北欧のコーヒー&おやつ文化は良く見かけて羨ましいと思ってたが、コーヒーそのものの味は知ないから興味深く読んだ。
    味や濃度を他国と比較できてるのがいいし、胸毛がざわつくようなって表現に感銘を受けた。
    チーズも旨そうなので検索したが高い。輸入したら何倍だろか。

    ちなみにバブル以降の日本のコーヒー(きちんとした豆を使っての手落し)はかなり繊細な旨さがあると思う。ワイン飲まないけど、同じくらい語り甲斐がある。
    しかし北欧人からしたら完全に別物だろうな。

     
  6. 北欧系のコーヒーは浅煎りが多いからなぁ
    パッと見、コーヒーに見えないぐらいの色合いのさえあるし

     
  7. 北欧のコーヒーは浅煎りで酸味強めなのね
    どちらかというと深入り苦めのコーヒーが好きだから多分合わないわ

     
  8. 珈琲問屋の人に、南米の知人が自国から持ってきた珈琲が無くなりそうで、同じ豆を探してたから聞いたら、そのクラスの豆は日本に入ってこないって言ってた。

    産地では良い豆はほぼ輸出にまわすらしく、知人はあまり良い珈琲飲んでなかったみたい。

    別の珈琲を勧められて飲んだら、凄く美味しいって喜んでたよ。

     
  9. よく分かる。ミシュランで1位~3位の仏、日、伊で育ったので、味にはうるさい。ハイランクのビジネスマンで、飛行機はビジネス以上、ホテルは4星以上でヘルシンキでもそのレベルで滞在した。ジャンクフードのファーストフード店の経験が無かったが、2週間滞在中とうとう、ファーストフード店にフライドポテトを買いに出かけた。それほどここでは美味しいものに飢えていたのである。ヘルシンキでもフィンエアーでも高いレストランもとてもとてもまずい。中と韓もまずいがもっとまずかった。フライドポテトは日本では以前も帰国後も食べていない。

     
  10. 向こうじゃフィンランドというか北欧全体が飯マズ扱いされてるし、自分の経験上それは正しい。
    ヘルシンキ中央駅のレストランで食べたメニューは今でも忘れられん。何の味もしないシーザーサラダとカッチカチに固いパン、一切味付けしてないジャガイモの蒸し焼きにフォークが刺さってるだけの料理モドキが2000円近くする。とにかく食事に関しては期待してはいけないことをまざまざと思い知らされたよ。

     
  11. コーヒーはともかくお手軽なEUの歌で吹いたわw
    それはそうと東郷ビールの味は大丈夫なのだろうか・・・

     
  12. 前略
    フィンランドのコーヒーってのは もっと殺伐としてるべきなんだよ。
    中略
    まあお前らフランス人は、アメリカンコーヒーのフレンチローストでも飲んなさいってこった。

     
  13. コーヒーか?
    ならスイスのパンを食べて見なよ
    あまりの不味さに吐くから
    何故なら永世中立国で新しい小麦は備蓄されて市場に出るのは
    前年に備蓄された小麦だからパンが不味い

     
  14. 興味深かった、味が薄い、いや濃い、と意見が割れてるのはきっと
    「コーヒーの味」とは何か的な価値観の違いなんだろう
    深煎りの苦みこそがコーヒーの味!とか思ってる人には浅煎りは薄くて変な味なのだろうな

     
    • やっぱり結局のところ個人の好みなんだろうね
      自分はコーヒーの酸味が嫌い、苦味が好きなんで
      なかなか好みのものに出会えなくて困ってた
      普通に売ってる「お高い」コーヒーは自分にはたいてい酸味が強い

      結局のところ現在はオランダのモッコナに落ち着いてる

       
  15. 個人的に浅煎り好きだから飲んでみたいな。
    とはいえ、メシマズで有名な国のコーヒーとなると、味覚が合わないかもだけど。

     
  16. 試しに塩を入れみたら
    酸味と雑味が消えてスッキリした味になった
    思いのほか良かった

     

 Leave a Reply

※ 名前、メール、URL欄は必須ではありません

...

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial