10月 242018
 
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

follow us in feedly
【スポンサードリンク 】

チェコ c’era una volta
キノコ狩り
それはチェコの国民的スポーツ

 

ポーランド  c’era una volta
ポーランドの法律「キノコ狩りで採ったキノコはそれを売ったぶんについて所得税課税対象外とする」

 

スウェーデン  c’era una volta
スウェーデンの法律「自分らで食べるぶんくらい他人の所有地に生えてるキノコとるのは合法!」

 

エストニア  c’era una volta
きのこ狩り行く人は各々秘密のきのこスポットあるね
親戚にも教えないレベル

 

スウェーデン  c’era una volta
自分のキノコの場所はまあ誰にも教えんわな

 

スウェーデン  c’era una volta
Trompetenpfifferling
秋の味覚

smörsopp(ヌメリイグチ)とか

ヌメリイグチ︰ 広く食用とされているが、消化がよいとはいえない。アレルギー症状を起こす人がまれにある。wikipedia

 

スウェーデン  c’era una volta
スウェーデンではながいことキノコなんてのは食べるものじゃなかった
数百年前まではそこらに生えてるキノコに名前すらついてなかった

 

スウェーデン  c’era una volta
うちのママ「スウェーデンには特にキノコのレシピってない」
うちのママ「適当にその時作ってる料理についでにキノコも投入するだけw」

 

フィンランド  c’era una volta
2002年の統計だとフィンランド人の4割がきのこ狩り行ってる
東フィンランドに限れば人口の半分以上がきのこ狩りしてる

 

フィンランド  c’era una volta
フィンランドではきのこ狩りは『インテリの趣味』とされる
どういうわけか高等教育を受けた人ほどきのこ狩り好きが多い

 

フィンランド  c’era una volta
trumpet of the deadとか摘みに行くね

 

オーストリア  c’era una volta
オーストリア人はわりとふつうにキノコ狩りしてますな
ポルチーニ、アンズタケ、

ttps://www.fokus-natur.de/bilder/pilze-flechten/echter_pfifferling-cantharellus_cibarius-68263.html
アンズタケ: 日本における知名度は一般に低いが、世界中で食用菌として非常に重宝されている。アンズのような香りとコショウのようなピリッとした味で、鶏卵、カレー、鶏肉、豚肉、仔牛肉などと良く合い、ピザのトッピングやシチュー、マリネ、フライ、クレープの具などに用いられる。伝統的には鹿肉と合わせて食べられる。他にもアンズタケシャーベットなどのデザートにされることも多々ある。wikipedia

 

スウェーデン  c’era una volta
あーおれの地元でもみんなアンズタケ狩り行ってる

 

スウェーデン  c’era una volta
スウェーデン人のアンズタケ狩りに対する情熱はヤバい

 

annonymous  c’era una volta
うちではカラカサタケなんか定番

カラカサタケ: 従来から食用とされる。味は美味であり天ぷら、炒め物、きのこ汁等加熱した上で利用されるが、生食は消化器系の中毒を起こし、蕁麻疹、下痢、アレルギーを起こすこともある。猛毒のオオシロカラカサタケやドクキツネノカラカサをカラカサタケと間違って食べ、中毒を起こした例も存在するので注意が必要。wikipedia

 

オーストリア  c’era una volta
オーストリアでいちばん南、イタリアと国境を接するケルンテン州はキノコの宝庫
→ EUなって国境の行き来が自由になった
→ イタリア人どもが大挙してケルンテン州のキノコを取り尽くしに来襲w
→ きのこ狩り規制に

 

オーストリア  c’era una volta
とっていいキノコはいま一日一人2キロまで

 

オーストリア  c’era una volta
まあちょっとくらい多めにとっても怒られないんですけどね
罰金対象はぜんぶかっさらってくイタリア人業者

 

オーストリア  c’era una volta
ドイツ人もオーストリアにごっそりキノコ採り来るんだよなあ
ちなみに違法にたくさんとって捕まった場合の罰金は最大190万円w

 

スロベニア  c’era una volta
イタリア人は鬼
スロベニアまで来てキノコがんがんとりまくり

 

annonymous  c’era una volta
イタリア人な
国境越えてきてクマだろうが野鳥だろうがとりまくりよアイツ等

 

オーストリア  c’era una volta
イタリア人「アスパラとか栗はとってもセーフ? どんどん採りまくる~」

 

スイス  c’era una volta
スイスでもイタリア系移民はキノコの季節なると目の色変えてキノコ狩り行っとるな

 


【スポンサードリンク 】

オーストリア  c’era una volta
毎年タマゴテングタケにあたって亡くなる人がいる

 

オーストリア  c’era una volta
オーストリア人「きのこ狩りでいっぱいキノコとれたぞー」
→ ぜんぶパン粉つけて揚げて食う

 

オーストリア  c’era una volta
アンズタケはオムレツにすっとめっぽう旨い

 

カタルーニャ  c’era una volta
カタルーニャではきのこ狩りすごく盛ん
Caçadors de bolets(キノコハンター)なんつー人気テレビ番組もある

ttps://www.youtube.com/watch?v=665jhX4u1IY

 

カタルーニャ  c’era una volta
キノコといえばヒラタケ、マイタケ、ユキワリ
ユキワリ︰ 乾燥した天気の日に採集するとよい。乾燥、ピクルス、生でも食べられる。特にバターで焼くと美味である。wikipedia

 

カタルーニャ  c’era una volta
llenega negra

ttp://www.cocinayaficiones.com/salteado-de-setas-llanegas-menos-es-mas-receta-paso-a-paso/

 

カタルーニャ  c’era una volta
ヤマドリタケ
肉質は味にくせがなく、傘・柄とも繊維がしっかりしていて歯ごたえがよい。生から調理してもおいしいが、乾燥させると独特の強い芳香をはなち、うま味も増す。パスタソース、リゾットの具、ソテー、マリネ、オイル漬けなどさまざまなレシピに使える。wikipedia

 

カタルーニャ  c’era una volta
グレーナイト

Lactarius deliciosus

 

カタルーニャ  c’era una volta
dark cep旨い

Boletus edulis

ttps://www.tripadvisor.co.za/LocationPhotoDirectLink-g2510455-d3152332-i71119420-Red_Lake_Inn-Gheorgheni_Harghita_County_Central_Romania_Transylvania.html

 

ロシア  c’era una volta
そろそろナラタケがとれとれの時期かと

 

ロシア  c’era una volta
Ugly Milk-capおいしいです

 

annonymous  c’era una volta
↑ それ毒あるんじゃん?

 

ロシア  c’era una volta
↑ よく火を通せばだいたい大丈夫
親父が言ってたがこういうキノコは日本の河豚のようなもの

 

イギリス  c’era una volta
イギリスだと子供の頃から『野良キノコはぜったい採るな食べるな』って教わる

 

イギリス  c’era una volta
食べられるキノコと紛らわしい毒キノコが多すぎ

 

オランダ  c’era una volta
オランダでも子供にはぜったいそこらのキノコとるなって教えますね

 

イギリス  c’era una volta
10月のイギリスはきのこ王国

 

イギリス  c’era una volta
さいきんテレビにでてるシェフが「いやー今回のレシピはきのこ狩りでとってきたこのキノコを使って~」なんてやるもんだからきのこ狩り流行っちゃってるが

 

イギリス  c’era una volta
Laetiporusとか採り行くけどな

 

イギリス  c’era una volta
Calvatia gigantea
けっこうイケる

ttps://www.reddit.com/r/AskEurope/comments/519a4t/how_common_is_mushroom_hunting_in_your_country/
ttps://www.reddit.com/r/AskEurope/comments/70odx8/does_your_country_have_a_mushroomforaging_culture/


【スポンサードリンク 】




※頂いたコメント内にリンクがあるとスパム防止機能のため『承認待ち』になります。ご容赦ください




Related Post
 
 
 
Summary

  49 Responses to “ヨーロッパ「きのこ狩り行ってる? どんなキノコ食べてますか?」海外の反応”

  1. 日本に来てまでキノコ狩りする勇気のあるやつはいないだろ
    採り慣れてるはずの高齢者でも間違えるのに

     
    • 日本国内でも県が違うと種類も全く違う。
      怖くて取れませんよ。

      高齢者が皆取り慣れている訳じゃ無いし、目も悪くなるし
      いい加減さも増すんだよ。

       
    • 日本にはポルチーニにそっくりな毒キノコがあるから余計に危険かも

       
  2. ラストのでかいオニフスベは食えるけど不味いから注意な

     
  3. >きのこ狩り行く人は各々秘密のきのこスポットあるね
    親戚にも教えないレベル

    どこでも一緒なんだな・・・

     
  4. 舞茸が安くて美味いし最強だと思ってる。

     
    • 舞茸おいしいけど、最近、普通にマッシュルームがおいしいと思うわ
      丸ごと煮込みにいれたら、つるっ、ぷるん、コリコリが楽しめる

       
  5. 最後のでっかい奴なんだよそれ

     
  6. しいたけナンバーワン

     
  7. 去年くらいのどこかの記事で「きのこ国」として既にバレてるっぽいな
    岩茸とかバレませんように・・・

     
    • ヨーロッパと高温多湿の日本では気候が違いすぎる。
      ヨーロッパのようなつもりで日本でキノコ狩りなんかしたら、
      毒キノコにあたるばかりなりね。

       
      • 俺の地元のキノコと同じのが幾つか有るけど、
        傘の皮剥いてスポンジ部分を取り除く奴は、アワタケ
        傘に薄っすらと輪が出来ているのは、ハツタケ(青・赤)
        キノコが大嫌いだから、キノコの微妙な匂いや場所が大体わかる。
        子供の頃から近所の年寄に重宝がられて引き回されてた。

         
  8. 今年も「東山植物園で盗んだキノコを食べた中国人が病院に担ぎ込まれる」ニュースが流れる季節になったか

     
  9. 栃木のチタケはいいだしが取れていいお値段。
    何故か他の県のチタケとは味が違うらしい。

     
  10. 欧米では松茸は「臭いきのこ」
    ということで誰も食べない、無価値
    って聞いたんだけど今も?

     
    • 今では金になるキノコと認知されてるよ

       
    • そう?
      たぶん臭いって言ってたのはキノコ狩りしない人だと思う
      アメリカ人とか
      ヨーロッパ人でキノコ狩りする人は一発でいいキノコだとわかると思うよ
      ポルチーニとかと一緒で根に直接つくから

       
  11. 長野ではジコボウ(ハナイグチ)がよくとれる。
    分かりやすくてたくさんとれて美味しい。

     
  12. 面白い記事だった
    「死のトランペット」なる茸
    いったいどんな味がするのやら

    野食は興味あるけど、見分け難易度を考えるとハードル高すぎてなぁ…

     
  13. キノコ狩り(意味深)

     
  14. 今年もクリタケご飯たくさん食べた
    長野はいっぱい採れるぞー

     
  15. 見分けがつけば宝の山なんだろうなぁ。自分では危なくて取る気がしないけど。

     
    • イタリアでは山の麓の薬局で見分けてくれたよ。
      日本では中毒出た時の責任問題とかで無理だろうけど。

       
  16. 毒きのこが産直に並ぶほど見分けつかない世界だもんな
    最近じゃバケツいっぱいに採ってきたら、
    食用が片手ほどしか無かったというニュースも読んだわ
    素人が手を出したらヤバそうだ

     
  17. ボクはたけのこ派

     
  18. 東欧のキノコとかチェルノブイリで危険そうで食いたくない

     
  19. たけのこ派が準備を始めました。

     
  20. ベニテングダケ食いてえ

     
    • 長野でおばさんたちが抱えきれないほど取ってたな
      塩漬けにして毒抜きするとメチャ旨らしいが

       
  21. 舞茸が食べたくなってきた

     
  22. はい、ウラベニホテイシメジ

     
  23. キノコ狩りが一般的ってヨーロッパでは毒キノコとか少ないのか?

     
  24. ソウナってキノコ知ってる人いる?

     
  25. 日本ではタケノコとキノコの話はしてはいけない
    第三次世界大戦を引き起こしかねないからね

     
  26. う~キノコ採りしたくなってきたアル。
    でも今の時期はマツタケも出ているんで、排他的になっていて危険アルね。
    ちゃんとテープで囲ってあるところはまだいいアル、入っていけないと分かるからヨイ。
     
    それにしてもイタリア人の逆人気ぶりに笑ったヨイ。

     
  27. すごく見栄えのする良スレだった。

     
  28. ワイ岡山県民
    昔は季節になると正規ではない怪しげなルートからマツタケをもらってたなあ

    あと父ちゃんが採ってきた白っぽいキノコで作ったキノコ汁が紫色で
    「今日で死ぬのかも」と思いながら啜った記憶があるw

     
  29. カエンタケ最強
    いや最恐もしくは最凶

     
  30. 子供の頃に家族と親戚で一緒にキノコ狩り キノコは美味しく頂いたが
    例の人形があちらこちらの木に恨み節を書き殴った紙と太い釘とともに
    刺さっていて皆、かなり気色ばんでいた 強く恨まれる人間というのは
    こんなにもいるものなのかと思った

     
  31. ジメジメせず気温の変化も少ない欧州と苔生す日本ではどちらがキノコの種類多いんだろう?

    そしてイタリアンの美味しいもの絶対食べるマンぷりに親近感を覚える日本人

     
  32. 昔は大丈夫だったが近年は毒性が強くなってて食べちゃだめというキノコがあるとテレビで言ってた
    最新情報を常にいれておかないとキノコ狩りも怖いね
    年寄りとか危なそうだ

     
  33. 紫色のキノコって毒キノコ少ないのかな。少なくとも猛毒はない?

     
  34. ヨーロッパのキノコはなんかヤバイ感じだw
    イタリアえらい嫌われてるな 栃木県民みたいなものかなw

     
  35. 日本のキノコは全部食べられることを教えてあげたいな

     
    • 厚生労働省によると、2015年までの10年間に全国で発生したキノコが原因の食中毒は計494件、患者数は1476人で、このうち5人が死亡

       
    • お巡りさん!この人です!

       
  36. 子供の頃から父親と一緒に近くの山へよく松茸を採りに行ったものだけど、知識が無いからそれ以外のキノコは全く興味無かったな

     
  37. ちなみにキノコ類は重金属などの有害物質をかなーり蓄積するので
    無毒でも多食すると危険です
    もちろん栽培品は大丈夫ですけどね

     

 Leave a Reply

※ 名前、メール、URL欄は必須ではありません

...

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial