6月 062020
 

follow us in feedly
【スポンサードリンク 】

ポーランド c’era una volta
億万長者がポケットマネーで作ってる

 

スウェーデン  c’era una volta
いいね
完成したら行ってみたい

 

ポーランド c’era una volta
この建物は謎
詳細はミステリー
誰でも行ける場所になる予定はない

 

ポーランド c’era una volta
当初は建築許可ないとかで問題になってた

 

annonymous c’era una volta
↑ 許可はとったはず
いろいろ闇の中ではあったが

 

ポーランド c’era una volta
最初だいたい2ヘクタールぶんの建築許可とった
→ 建物自体は2ヘクタールに収まったけど資材おいたり建設現場全体だと2ヘクタール超えた
→ それで怒られたってだけ
たぶん罰金払っておわりだとおもう

 

ロシア  c’era una volta
なんでそこに城なんか建てるんでしょうね

 

ポーランド c’era una volta
↑ 誰も知らない

 

ポーランド c’era una volta
そりゃだれだってお城に住んでみたくないか?w

 

annonymous c’era una volta
億万長者「だって作れるんだもん!」

 

オーストリア  c’era una volta
作ったっていいじゃんな
かっこいいもん

 

annonymous c’era una volta
味がある

 

ポーランド c’era una volta
ちなみに>>1は一般開放の予定はなし

 

ポーランド c’era una volta
>>1のぜんぶを億万長者が所有

 

ポーランド c’era una volta
つまりお城全部がプライベートな豪華なお宅というわけ

 

カナダ  c’era una volta
昔々と変わらない
富裕な貴族とか王族がポケットマネーでかっこいい建物つくってたのといっしょ

 

ドイツ  c’era una volta
お城ってのはふつう最初はプライベートデラックスホームとして建てられてたでしょう?

 

annonymous c’era una volta
おまえら「見学に行きたーい!」
→ 数世紀ほど待ってね

 

annonymous c’era una volta
どんな人が>>1を建ててるんでしょう?

 

annonymous c’era una volta
↑ Novak家
親父さんはSolarという衣料品会社の共同創設者
息子さんはお城に投資してホテルに改修したりする会社の社長

 

annonymous c’era una volta
ポーランドのディズニーランド?

 

ポーランド c’era una volta
↑ 億万長者の夏の別荘になるとか…
一般人が訪れる場所ではない

 

annonymous c’era una volta
クレーン使って城建てるとか
邪道にもほどがある

 

ルーマニア  c’era una volta
まあ150年も経てば由緒正しいお城になってるからwww

 

リンブルグ  c’era una volta
調べてみたら>>1は正しくなかった
>>1の城は14世紀の建築
2度作り直されてて19世紀に一部焼失という歴史がある

 

ポーランド c’era una volta
↑ いやこれ新しい建築でしょ?

 

リンブルグ  c’era una volta
違いますね
ウィキペディアがてきとうなのかも?

 

リンブルグ  c’era una volta
いや待って
同じ名前の場所が二箇所あるな…

 

ポーランド c’era una volta
>>1は外観的には12世紀の十字軍の城っぽい
クラック・デ・シュヴァリエとかそういうの

クラック・デ・シュヴァリエはシリアに築かれた十字軍時代の代表的な城で、当時の築城技術の粋を究めたものと評価されている。1142年から1171年まで、聖ヨハネ騎士団の拠点として使用された。wikipedia
ttps://www.amazon.com/Chevaliers-Crusader-Hospitalers-Centuries-Engraving/dp/B07C51MC6D

 


【スポンサードリンク 】

ポーランド c’era una volta
>>1の作りはマリーエンブルク城(マルボルク城)風
ドイツ騎士団(チュートン騎士団)の城

ttps://podroze.onet.pl/polska/pomorskie/zamek-malbork-liczba-turystow-na-zamku-w-2015-r/szg36b3

 

リンブルグ  c’era una volta
現代のクレーン使ってお城作るのもいいと思う
それにひきかえフランスときたらw
Guédelon Castle(フランス):13世紀の工法で1997年から建築中

ttps://www.amusingplanet.com/2016/11/guedelon-castle-frances-brand-new.html

 

annonymous c’era una volta
↑ これメインの作業スタッフが12人だかしかいない
だから建設は遅々として進まずw

 

annonymous c’era una volta
↑ だれでも行って建築のお手伝い可能

 

オーストリア  c’era una volta
2009年からのプロジェクト、Carinthia/Austria
中世の工法のみで建設中


ttps://www.radkultur-delsnig.at/?page_id=195
ttps://burgbau.at/?attachment_id=2276

 

annonymous c’era una volta
億万長者「あー出来上がったら教えてくれ買うかもしれん。ジャグジーとかは自分でつけるから気にしなくていいぞ」

 

annonymous c’era una volta
億万長者「歴史的なお城が売りに出てて買ったとする、でも好き勝手に改修したりできないし面白くない」
億万長者「だったら新しく作ったらよくない?」

 

annonymous c’era una volta
なるほど
いくらでもお金の出てくる財布があったら俺だってぜったいお城一個建てるわな

 

annonymous c’era una volta
わざわざ中世の工法だけで作る意味は?

 

annonymous c’era una volta
↑ 基本的には考古学のためらしい
当時の工法を再現、実証、作りながら研究
いちばん大事なのは面白いじゃん!ってとこですけど

 

annonymous c’era una volta
ドイツの
9世紀の工法でつくってるとこ
Campus Galli

ttps://www.pinterest.fr/pin/491807221804834405/

 

annonymous c’era una volta
スペインにはJusto Gallego Martínez氏というもう60年間も自分でカテドラル建築中の人もいる

ttps://www.youtube.com/watch?v=AhC2N0eK168

 

フランス  c’era una volta
フランス/ヨーロッパで城の修復プロジェクトならいっぱいあるのでおすすめ

 

フランス  c’era una volta
興味ある人は
ttps://www.rempart.com/
↑ ここ見てみて

 

EU  c’era una volta
どれくらいフランス語話せたらいいんでしょうか?

 

ノルウェー  c’era una volta
↑ 普通にフランス語話せるレベル
作業中の安全のため

 

フランス  c’era una volta
じぶんは去年の夏、南フランスの13世紀の古城修復のお手伝いに行った
全年齢、どこの国籍の方でもウェルカムなんですよ~

 

ttps://www.reddit.com/r/europe/comments/gvc418/newest_european_castle_in_stobnica_poland_is/


【スポンサードリンク 】






※頂いたコメント内にリンクがあるとスパム防止機能のため『承認待ち』になります。ご容赦ください

Please follow and like us:
Related Post

  5 Responses to “【画像】「ポーランドの大富豪、謎の巨大な城をポケットマネーで建設中」海外の反応”

  1. 災害大国日本では無理だろうな
    許可が下りないし

  2. 土地は安いだろうけど上物で幾らぐらいかかるんだろうな
    200億円とかかな? 

  3. 立地といい、塔や壁の配置、投石器対策、敵の進入路での迎撃など防衛機能がしっかりしてるな。

  4. この手の再現城は外見より中の調度品がクセ者なんだよう
    有名なノイシュヴァンシュタイン城もガワだけ作って王様が死んだから
    中は空っぽのハリボテでガッカリ感が凄い

  5. ファンタジー映画などで需要がありそうだな。

 Leave a Reply

※ 名前、メール、URL欄は必須ではありません

...

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial