白人「イタリア行ったら肌が白いってバカにされまくったww」海外の反応

 

annonymous soumis il y a 1 jour
なおイタリア中で「なにこのまっ白」扱いされた模様
white1-s

 

annonymous 1 jour de ça
>>1
ガチで白かった

 

annonymous 1 jour de ça
>>1
白いww
生のチキン並みの白さ

 

annonymous 1 jour de ça
同じ赤毛として>>1の気持ちはわかる
みんなから言われるんだよね「ずっと引きこもりなの? 少しは日焼けくらいしたら?」
10日間ずっと太陽にあたってようが私ら日焼けしないんですって・・・

 

annonymous 1 jour de ça
タークス・カイコス諸島(英領)に行った私も同じような目に遭った
現地の人「うわー色白っ! キモー」みたいな
Turks-and-Caicos-Islands-Airport-s
泊まったホテルの支配人さん「いやーほんと色白ですねー、あなたがプールに入ってるとまるでベッドのシーツが泳いでるようですなw」

 

annonymous 1 jour de ça
↑ タークス・カイコス行ったの?
すっごい綺麗なビーチですよねあそこ

 

annonymous 1 jour de ça
色白の自分もマイアミでやっぱ>>1みたいな目に遭った
マイアミのオッサン「おーい、ここじゃ太陽タダだから! タダだよおおおお どうぞwwどうぞwww」みたいに大声で言われた思い出

 

annonymous 1 jour de ça
俺なんかアルビノだぞ
どこ行っても俺が登場すると周りがシーンと・・・
白髪・赤目ではなくて・・・黄色い髪・青い目です
金髪じゃなくて不気味な黄色髪なww

 

annonymous 1 jour de ça
>>1
色白うんぬんよりビーチでたったひとり服着てる点が問題視された可能性

 

annonymous 1 jour de ça
心配すんな
俺に較べたらイタリア人の肌なんか真っ白といえる

 

annonymous 1 jour de ça
プエルトリコ系の俺の彼女はアイリッシュ
俺と並ぶと彼女は白すぎてもうなんつーか透明に見える
雪降ったら見失うレベル

 

アイルランド 1 jour de ça
我らがアイリッシュは車運転するだけで火傷しないよう日焼け止め塗らにゃならんのがな・・・

 

annonymous 1 jour de ça
多くの芸術家が礼賛した「色白ぽちゃ系」
white3-s

 

annonymous 1 jour de ça
そりゃ当時は金持ちといえば色が白くてぽっちゃりが相場だったから

 

annonymous 1 jour de ça
現代の金持ちは日焼けして痩せてるもんなのにな

 

annonymous 1 jour de ça
↑ それはないんじゃ
痩せ型で日焼けしてる女の子見たって「おー金持ちっぽい」とか思わないし?

 

annonymous 1 jour de ça
最寄りの一番金持ちな地区行って女の子を観察してみるといい
肌焼きまくってる子なんていない事実

 

annonymous 1 jour de ça
トルコのビーチで一生懸命肌を焼き焼き・・・2週間を過ごした。
日の当たる場所だとマジで気温50℃とかそんなかんじのとこ

帰国日に現地人から言われました「いやー今日トルコにいらっしゃったんですか?」

 

スペイン 1 jour de ça
↑ 火傷しなくてよかったね
スペインには”rojo guiri(英独北欧赤)”という言い方がある
バカンス初日で速攻茹エビ状態になる奴ら
ちゃんとUVカットクリーム塗りましょう!

 

annonymous 1 jour de ça
↑ うっさいわw
スペイン旅行→ 真っ赤に日焼け、飲み過ぎ
これが私達の伝統行事です

 

annonymous 1 jour de ça
イギリス人のUVカットクリーム塗りたがらない感は異常

 

イギリス 1 jour de ça
イギリスには太陽がないじゃん?
やっととれたバカンスで日焼けすんのに3日しか猶予が無い場合・・・
わざわざUVカットするか?

 

annonymous 1 jour de ça
わーいバカンスだー→ 日焼けすぎ→ 皮が剥がれた→ ふりだしに戻るww

 

オーストラリア 1 jour de ça
オーストラリアの太陽もヤバい
外国人観光客「暑いねーここ。でも俺らの地元も暑さなら負けないし? へーきへーきw」→ ・・・

 

オーストラリア 1 jour de ça
イギリス人バックパッカー「午後3時か、ちょっとビーチで昼寝でも・・・」→

 

annonymous 1 jour de ça
色白、赤毛には人を惹きつける何かがある
ginger2-s

 

annonymous 1 jour de ça
↑ ありがと
「絶対」日に焼けない肌とダサい赤毛の持ち主としては・・・ありがと

 

annonymous 1 jour de ça
なんでか知らんけど子供の頃は神様といえば赤毛で背の高い女性だろうと思ってたなー

 

annonymous 1 jour de ça
↑ ブーディカのイメージかな
ブーディカは、現在のイギリス、東ブリタンニアノーフォーク地域を治めていたPケルト言語圏域のケルト人イケニ族の女王だった。夫プラスタグス王の死に乗じて王国を蚕食したローマ帝国の侵略軍に対し、数多くの部族を纏め上げ大規模な反乱を起こした故事で知られている。背が高く、腰下まで伸ばした赤い髪を靡かせ、荒々しい声と鋭い眼光を持っていたとされる。トルク(ケルト人が好んで身につけた、金属製の太い首輪状の装身具)と推測される大きな金製のネックレスを常に身につけ、色鮮やかなチュニックのブローチで留めた厚手の外套を羽織っていたとも言う。wikipedia

 

annonymous 1 jour de ça
「日焼けしてるのがカッコイイ」ってそんな言う程かー? と思います

 

annonymous 1 jour de ça
もし望みが叶うんだったら・・・優しくてかわいい赤毛の嫁が欲しい

 

annonymous 1 jour de ça
旦那はかわいいと言ってくれる赤毛なんですが
セントルシア旅行した時は現地の人からやっぱ何あのひと真っ白ww・・・みたいな視線をビシビシ感じましたね
セントルシアは、西インド諸島のウィンドワード諸島中央部に位置する英連邦王国の一国たる立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。島国であり、海を隔てて北にフランス領マルチニーク、南にセントビンセント・グレナディーン、南東にバルバドスが存在する。首都はカストリーズ。wikipedia

 

 

annonymous 1 jour de ça
日焼けした肌なんてのはもともと野良仕事の田舎もんなイメージだったんだけど

 

annonymous 1 jour de ça
↑ アジアなんかは今でもそうなんじゃない?

 

annonymous 1 jour de ça
アジア「わーい、今日は最高のお天気! ・・・日傘でもさそうw」

 

annonymous 1 jour de ça
ジャマイカの女性は美白クリーム使ってるな
白いほうが美しいってことになってる

 

annonymous 1 jour de ça
俺の背中は医者からⅡ度のヤケド認定されたことある
いまでも痕が残ってます

 

annonymous 1 jour de ça
曇り空でもⅡ度のヤケドした俺って・・・

 

annonymous 1 jour de ça
シチリアの親戚に言われた「最白イタリア人はお前で決まり」

 

annonymous 1 jour de ça
うちの親「ビーチであんた探すの楽でいいわw 一番白いの見つけりゃビンゴ」

 

annonymous 1 jour de ça
イタリアのビーチには色白の女の子よりヤバいもんがいっぱいあるはず

 

annonymous 1 jour de ça
↑ 女は全員ビキニ、男は全員Speedoなんだっけ

 

annonymous 1 jour de ça
100%シチリア人のうちの父ちゃんもSpeedo派

 

annonymous 1 jour de ça
イタリア人ってあんだけ食ってる割にデブ少なくない?

 

annonymous 1 jour de ça
↑ 食事中にしゃべりまくるのが消化を助ける

 

イタリア 1 jour de ça
イタリアの観光地(ビーチ)に住んでる自分
北ヨーロッパからきた観光客→ 真っ赤に焼ける→ それでもまだ日焼けする! 高いカネ払ってきたんだし!
あの根性には常々感心しておりますw

 

 1 jour de ça
父がシチリア人。親戚も全員シチリアに住んでるパターン
質問なんだけど・・・イタリア人はシチリア人のことをやっぱイタリア人だと思ってるんでしょうか?

 

イタリア 1 jour de ça
ここの掲示板ってさあ
「俺/私ってイタリア人なんだけどー」ってカキコしてる奴みかける度にプロフィールとかチェックする癖がついちゃったんだけど
そのうち99.9%は単なる「イタリア系アメリカ人」なのな

それで「イタリア人」を名乗っちゃいけませんw

 

annonymous 1 jour de ça
↑ アメリカ人特有だよな
移民の国だから・・・「私のご先祖はどこどこの国から来ました」って表明するのがすごく好きなかんじ

 

アイルランド 1 jour de ça
「おれアイリッシュだから」って言ってるのも大体ただの「アイリッシュ系アメリカ人」だもんね

 

 1 jour de ça
ばあちゃんはシチリア生まれのシチリア育ち
家のご飯はいつもイタリアン
だからって俺は自分が「イタリア人」なんて言ったこと無い

 

イタリア 1 jour de ça
↑ いやそんな大したこっちゃないんだけど
「僕イタリア人なんですよね」って言っときながら実はアメリカ人で、イタリア語一言も話せないとかあるじゃん?
それがちょっと引っかかるっていうだけの話w

 

 1 jour de ça
なるほどわかった・・・
外国行ったら「俺? イタリア人です」みたいな言い方しないように気をつけるわ
アメリカ人同士だと「おれイタリア人(ほんとは単なるイタリア系)なんだよねー」みたいな言い方をみんなするのよ・・・

 

annonymous 1 jour de ça
13才のときドイツからカナダに転校しました

なんかみんな「おお これがドイツ人か・・・ちょっと話してみたい」みたいな感じで最初人気者扱いされたんだけど
ある女の子が「〇〇君、ドイツ人なんだーw 私もなんだよー」って話しかけてきたわけ
で、おおこれはドイツ語話せるチャンスうれしい! と思ってドイツ語で話しかけたらぜんぜんわかって貰えんかった
「ヤダーw 私はドイツ語分かんないしーww うちのお祖父ちゃんがドイツから来たの・・・」って・・・

カナダでも「ドイツ系カナダ人です」と言う代わりに「ドイツ人です」みたいな言い方するんですね

 

annonymous 1 jour de ça
シチリアはイタリアですよもちろん

シチリア人は強烈に「自分はイタリア人だ」と思ってるね

 

 

カナダ 1 jour de ça
スペイン旅行に行った時
スペイン人のオッサン「あんたカナダ人だろ? 寒くて太陽の無いとこから来たってかんじーwww」

 

 

annonymous 1 jour de ça
インドなんかも白ければ白いほどいいんだよね
美白ケア大好きな国

 

annonymous 1 jour de ça
自分らと違う色をいいなと思う、惹かれるというのはあると思う
遠い遺伝子を混ぜたい、とかその辺なんですかね

 

 

annonymous 1 jour de ça
北イタリアには昔ランゴバルドっていう赤毛の民族が住んでた時代もあったのだった
ランゴバルド人: 568年にアルボイーノ王に率いられ東ローマ帝国領であった北イタリアを奪取し、774年にカール大帝に滅ぼされるまで200年近く存続したランゴバルド王国を興したことで有名である。wikipedia

 

ポルトガル 1 jour de ça
ポルトガル人は如何にして英独オランダ人観光客を特定するか

夏場: こういう帽子被ってる
hat-s

冬場: 気温10~15なのに半袖短パン

 

 

イタリア 1 jour de ça
イタリア人は実際こういう事を考えてます
「うわ、あの観光客ww 色白すぎんだろwww ・・・かわいいなあ・・・」

 

 

 

イタリア 1 jour de ça
イタリア人ですが>>1が歩いてたらジッと見ちゃうなやっぱ
赤毛好きなもんで

 

annonymous 1 jour de ça
うちの色白な嫁(当時は単なる彼女)のビキニ姿を初めて見た時
彼女は陽のさんさんと降り注ぐ川で泳いでた

彼女の背中で反射した日光が俺の目を直撃!→ うおっ・・・眩暈が・・・→ 1分くらい立ち上がれなかった思い出

 

annonymous 1 jour de ça
「日光浴中のアイリッシュ女性を御覧ください。 右手前の女の子じゃないよ!」
irish-s
ttp://www.reddit.com/r/funny/comments/1tdc3o/literally_everywhere_i_went_in_italy/




コメントを残す

※※※ 名前欄は必須ではありません

...