「フェロー諸島の漁師たちが童話に出てくるあれにそっくりすぎる」海外の反応

annonymous c’era una volta
フェロー諸島の漁師(カラー再現、1898年)
アイスランド海域の漁から帰還

 

アイスランド  c’era una volta
>>1からはたしかにフェロー諸島民臭がプンプンしてくる

 

デンマーク  c’era una volta
デンマークの船で働いてたとき
船員のだいたい1割がフェロー諸島出身だった
それで>>1の写真の真ん中がその頃の船長にそっくりw

 

annonymous c’era una volta
フェロー諸島「男はみな船乗りになるもの」

 

フェロー諸島  c’era una volta
最近の若者はだんだん船乗りにならなくなってるんだよなあ

 

アイスランド  c’era una volta
フェロー諸島はわかんないけど
むかしのアイスランドの漁師の給料は持ち上げられる岩の重さで決められてたそうな
いまでも当時の給料判定に使ってた岩が残ってる
よかったら持ち上げてみることも可能

 

フェロー諸島  c’era una volta
むかしは男は一歩家の外に出たらみな>>1の帽子をかぶってた
いまでも90才とかの男性がふつうにかぶってるの見かけます

 

annonymous c’era una volta
フェロー諸島はけっこういいところ
バーガーキングだってあるぞw

 

ルーマニア c’era una volta
フェロー諸島のおうち

人口5万2000人

 

フェロー諸島 c’era una volta
↑ こういう屋根は断熱防音よし
フェロー諸島にありがちな嵐にもよく耐える
ソースはおれフェロー諸島民

 

annonymous c’era una volta
うちの庭の芝よりきれいな芝しやがって…

 

アメリカ c’era una volta
フェロー嫁「おい旦那、屋根の芝刈ってこい」
フェロー旦那「えっ?」

 

annonymous c’era una volta
賢いぼく「芝のある屋根。芝刈りしたくないので羊もいっしょに飼えるようにします」

 

annonymous c’era una volta
フェロー諸島なら羊はうじゃうじゃ居るもんねw

 

ポーランド c’era una volta
ポーランドではフェロー諸島の正式名称は「羊島」

 

annonymous c’era una volta
草生やした屋根とかすぐ痛みそう

 

annonymous c’era una volta
この手の屋根は腐らないようあいだにアスファルトシングル噛ませてある

 

annonymous c’era una volta

 

デンマーク  c’era una volta
おれにも>>1みたいな帽子を現代でかぶる度胸があったらなー

 

annonymous c’era una volta
来年あたり流行るかも

 

annonymous c’era una volta
>>1
スマーフのダークアクション映画版かな

スマーフは、ベルギーの漫画家のピエール・クリフォールの漫画の中に登場する架空の種族。ヨーロッパのどこかの森にあるスマーフ村に住む、青色の肌と丸い鼻を持つ小さな妖精。スマーフの漫画は25ヶ国語に翻訳され、ヨーロッパ、特にフランス語圏ではバンド・デシネの古典と考えられている。wikipedia
ttp://bluebuddies.com/cgi-bin/ultimatebb.cgi?ubb=get_topic;f=1;t=003080;p=0

 

EU  c’era una volta
白雪姫にきまってるだろうが…

 

ポーランド  c’era una volta
これにしかみえない

 

オランダ  c’era una volta
まんまフリジア帽
フリジア帽は赤い三角帽である。この帽子は元来フリギア(フリジア)に起源するとされているが、古代ローマにおいては、自由身分の解放された奴隷が被るものとして考案された。
フランス革命後の7月革命の時にウジェーヌ・ドラクロワの描いた「民衆を導く自由の女神」では自由の女神はフリジア帽を被っている。wikipedia
フリジア帽を被ったアッティスの胸像。2世紀ローマ帝国時代。wikipedia

 

annonymous c’era una volta
>>1の帽子が船乗り向きにはまったくみえない
風ちょっと吹いたら海に→ ポチャンw

 

アイスランド  c’era una volta
↑ じっさいはかなり目深にかぶる

 

annonymous c’era una volta
ウールのジャケット暖かそう

 

annonymous c’era una volta
大昔にしてはジャケットのクオリティが高いような

 

annonymous c’era una volta
北大西洋で働く男の服は命を守るためにある
そりゃあ>>1の男らの服はチープなもんではないはず

 

annonymous c’era una volta
>>1の連中みかけてもちょっと喧嘩売る気にはならんなーw

 

ギリシャ  c’era una volta
いまどきのサッカー代表チームをボコボコにできそうな面構え

 

EU  c’era una volta
>>1
この手の帽子かぶってるやつは手練と相場が決まってる

 

annonymous c’era una volta
>>1の不用意にパンツに両手突っ込んでるやつ
こういうやつは不意打ちすれば一発で沈むでしょ

 

ノルウェー  c’era una volta
↑ ノルウェー軍「手の指を温めておきたかったら常にパンツに突っ込んどけ」

 

ノルウェー  c’era una volta
ノルウェーの伝統服のパンツにはインナーポケットが二つついてたりした
>>1の男は多分そういうのに手を突っ込んで温めてる

 

イギリス  c’era una volta
↑ ノルウェーのパンツはポケット付いてるんですかw
ってああ…アメリカでいうパンツのことね
下着ではなく失敬

 

annonymous c’era una volta
>>1みたいな帽子は船乗りが頭上(ブームとか天井とか)に注意警戒するためにかぶるものときいた

 

スペイン  c’era una volta
カタルーニャの伝統的な帽子(Barretina)っぽい

 

アイスランド  c’era una volta
↑ なにか繋がりがあるのかも
昔はヨーロッパ各地の漁師がクジラ漁、漁業で稼ぎにアイスランドまできてたから
バスクとか

 

annonymous c’era una volta
フェロー諸島「いまでも毎年クジラの追い込み漁やってます」

 

アラスカ c’era una volta
いっぺんフェロー諸島行ってとれとれのクジラ食べてみたいもんだ

 

annonymous c’era una volta
フェロー諸島のクジラ漁でとれたクジラはお店には並ばない
現地に知り合いがいるとかじゃないと滅多に食べられるもんじゃない

ttps://www.reddit.com/r/europe/comments/h9dm8e/faroese_fishermen_onboard_a_steamer_on_their_way/
ttps://www.reddit.com/r/europe/comments/h8ywx0/a_boat_crew_rowing_out_for_fishing_off_the_coast/
ttps://www.reddit.com/r/europe/comments/gckji9/faroe_islands/
ttps://www.reddit.com/r/FaroeIslands/comments/bwn7ar/i_came_across_this_post_in_instagram_which_says/




「「フェロー諸島の漁師たちが童話に出てくるあれにそっくりすぎる」海外の反応」への4件のフィードバック

  1. で、結局「あれにしか見えない」の「あれ」って何?
    わけわからんスレタイやめたら?

    0
    0
  2. ズボンにポケット4つあって、手を入れてるのは寒冷地ですぐに作業できるように手を温めておく必要があるからなのか。勉強になった。

    0
    0
  3. フェロー諸島「いまでも毎年クジラの追い込み漁やってます」

    こいつらに反対運動しろやブリテン野郎。目と鼻の先だろ。

    0
    0

コメントを残す

※※※ 名前欄は必須ではありません

...