「鉄のカーテンの内と外で土足の国、そうでない国が別れていた」海外の反応

 

annonymous c’era una volta

 

annonymous c’era una volta
おれは今年のあたま、土足国→ 靴脱ぐ地域に引っ越したとこ
ちょうど>>1の地図の境界線またいだw

 

annonymous   c’era una volta
北欧は鉄のカーテン関係ないが
まあ言いたいことはわかるw

ところで家の中で土足な国はなに考えてんの?

 

アイルランド   c’era una volta
薄汚い西欧だからしょうがない
うちのパパは朝起きたらまず最初に靴を履くw
その後靴はずっと履きっぱなし
たとえ一日中家にいたとしても

 

オランダ   c’era una volta
↑ お父さんはアタマいいね
靴履いてればつま先をなにかにぶつけても痛い思いしなくて済む

Vijay Shankar

 

イギリス   c’era una volta
うちの家は直角な部分で溢れてるから
靴履かないとヤバい

 

オランダ   c’era una volta
子供の頃から家の中で土足で育つ
→ テーブルとか椅子の脚を察知してつま先ぶつけないようにする能力が育たない

 

イギリス   c’era una volta
ブリテンの絨毯だらけの家の場合はもちろん靴脱いでますよ

 

スウェーデン   c’era una volta
レゴ「ククク… 」

 

オランダ   c’era una volta
東ドイツの友だちの家行ったらスリッパだしてくれたなあ
なんかすごい嬉しかった
歓迎されてる、みたいなw

 

カタロニア   c’era una volta
スペインで人んちに行く
→ 来客用のスリッパがある
→ じぶんは土足のままで歩き回る
それでスリッパ履いてって言われたことない

 

ギリシャ   c’era una volta
ギリシャも人の家で靴は脱がない
自分ちだとビーサンとかなのにね

 

ベルギー   c’era una volta
フランスは『土足国』になってるけどやっぱ地方による
南仏の家は土足が多いイメージ

 

annonymous c’era una volta
じぶんは家では靴というか
こういう楽なの履いてます

 

annonymous c’era una volta
おまえらが人の家で靴脱いだらせっかくきれいな木の床が汗で足跡だらけになるだろ
また掃除せにゃならん

 

annonymous c’era una volta
じぶんなんか靴脱いですぐの靴下で歩きまわると靴下に溜まってた汗で足跡がつくw

 

annonymous c’era una volta
土足だと外の汚れがーとかいうやつ
そのためにドアマットというものがある

 

イタリア   c’era una volta
知的なわたし(イタリア人)
誰の家であろうが常に土足ですがなにか?
家の中で靴を脱ぐのは日本人とアメリカ人だけじゃないの?

 

カタロニア   c’era una volta
アメリカは地域による
ニューヨークとかはふつう家で靴脱ぐ

 

イタリア   c’era una volta
誰かの家に行ってそこがフローリングの床のときは靴脱いでる
大理石、花崗岩、トラバーチンとかの床だった場合は靴脱がかない

トラバーチンは、温泉、鉱泉、あるいは地下水中より生じた石灰質化学沈殿岩。緻密で、研磨して美しい光沢や色合い、模様を有するものを、装飾石材名としてオニックス マーブルとかケイブ オニックスという。ローマ近郊Tivoli地方のラテン語名Tiburに由来する。wikipedia

 

スペイン  c’era una volta
じぶんの(たぶん)汗臭い足を人の家で晒したくないじゃん?

 

ハンガリー   c’era una volta
>>スペイン
清潔な靴下履いて靴履いて数時間でお前の足がクッサってなるなら医者行ったほうがいい

 

annonymous c’era una volta
おまえら「足は臭いのがいいのに…」

 

スペイン  c’era una volta
普通のスペイン人
→ 帰宅する
家にスリッパあるけどすぐには履き替えないね
パジャマ着るときにようやくスリッパがたぶんふつう

 

スペイン  c’era una volta
スペインだと靴を脱ぐのはリラックスしてる証というか
よく知らない人の前で足を見せるもんではない

 

ノルウェー   c’era una volta
スペイン人「ヤダッ 靴脱ぐなんて…はずかしい!」

 

フィンランド  c’era una volta
靴を脱がないのは結局…
『足を人前でみせるのはちょっと恥ずかしい』みたいな理由が大きいんでしょうかw
今日はじめて知りましたw

 

スペイン  c’era una volta
ドイツに引っ越すまでは家の中で土足でないのは日本だけだと思ってた

 

スペイン  c’era una volta
うちの会社(ドイツ)のドイツ人達は社内履き用のサンダル持ってる人も多い
中には靴下だけでオフィスうろうろしてるのもいるw

 

annonymous c’era una volta
西ドイツの会社だけど
みんな会社で靴履いてるよ

 

annonymous c’era una volta
社風によっては靴下でオフィス徘徊もおk?ってかんじ?
ドイツでは

 

annonymous c’era una volta
アジアではバービー人形すら家でちゃんと靴脱いでるのにお前らときたら

She makes her dolls take off their shoes

 

annonymous c’era una volta
フィンランド人の友だち「一日中靴履いてるとかバカじゃないの?」

 

フィンランド  c’era una volta
フィンランドで複数企業で働きました
どの会社もオフィス内は土足禁止だったですね

 

annonymous c’era una volta
フィンランドのスーパーセル本社
社則でオフィス内の土足禁止

 

annonymous  c’era una volta
フィンランドの風景

 

フィンランド c’era una volta
フィンランドの冬は寒くて凍結防止の砂利をやたらたくさん撒く
これがけっこう靴に刺ささるので、靴のまま家の中を歩くと床を傷めたり
そういうのが靴脱ぐ習慣のもとになったのかも

 

annonymous c’era una volta
フィンランドの学校。基本は靴下だけ?

 

annonymous c’era una volta
フィンランドの学校
ほぼ靴下だけっぽい

 

annonymous c’era una volta
↑ こんなオシャレな学校なのに生徒用のPCは無し?
なんかカッコイイな

ttps://www.reddit.com/r/europe/comments/hxbycx/the_iron_curtain_has_evolved_into_the_shoe_curtain/




「「鉄のカーテンの内と外で土足の国、そうでない国が別れていた」海外の反応」への8件のフィードバック

  1. 脱いだ靴は床に置いておくのですねぇ。綺麗に並べることすらせず。

    靴を脱ぐとわかっているのに、下駄箱(靴箱?)は作らないのかな?

    0
    0
  2. そう言われればフランスやイタリアは床が石でできてるイメージあるな それだと靴が必要なのも判る アメリカは絨毯とか敷き詰めてるくせに靴で上がるからちょっと変だと思うわ 

    0
    0
  3. 足袋は靴下よりも貫通しない丈夫なのだから逃げやすい
    学校の上履きと同じく、土足厳禁でも屋内素足な文化ではない

    0
    0
  4. タイも脱ぐ。一軒家の場合は、玄関の前に靴を脱ぐスペースがあり、そこで靴を脱いで家に入る。なので、タイ人が日本に来ると、玄関の内側に靴を脱ぐ専用のスペースが有ることに、たいていの人が戸惑うらしいw

    0
    0
  5. レゴブロックを踏むとめっちゃ痛いって世界共通なんだなw
    ちゃんと片付けたつもりでも一個くらいはそこら辺に落ちてるという謎

    0
    0

コメントを残す

※※※ 名前欄は必須ではありません

...