「みなさんの国では遅刻したときどんな言い訳するん?」海外の反応

タグ:

 

オランダ  c’era una volta
「いやあの可動橋がまた上がってて…」
オランダにはやたらと可動橋があるのでわりと使える

 

ポルトガル  c’era una volta
↑ うらやましい
ポルトガルでパカッとひらく橋とか見たことない

 

トリチティ(ポーランド)  c’era una volta
「いやちょっとイノシシに追いかけられまして…」

 

オランダ  c’era una volta
「向かい風で…」

 

スペイン  c’era una volta
↑ 自転車民のオランダらしくていい

 

オランダ  c’era una volta
まず自転車のチェーンを触って手を汚しておく
職場についたら「ごめん… 自転車のチェーンが外れちゃって…」

 

リトアニア  c’era una volta
うちの学校の生徒の定番は「停電でこれが作動しなくて家から出られませんでした」
リトアニアのマンションのインターフォン

 

アルメニア  c’era una volta
「エレベーターがとまっちゃったもんで…」

 

イギリス  c’era una volta
↑ アルメニアのエレベーターはよくとまるんですか?

 

アルメニア  c’era una volta
今はそうでもない
ソビエト時代のエレベーターはよく止まったものです

 

ロシア  c’era una volta
ソビエト時代のエレベーターは乗ったらすぐわかる
地下室の匂いがする

 

ポルトガル  c’era una volta
「ごめん。牛でね」
アゾレス諸島(ポルトガル領)に住んでてここはものすごい数の牛がいる
こいつらがしょっちゅう道を塞ぐので

 

ベルギー  c’era una volta
bolo levedoとかいうアゾレス諸島のマフィン旨かった
アゾレス諸島のマフィン

 

annonymous  c’era una volta
↑ ガーリックバター塗ってな
旨いよな

 

コーンウォール(イングランド) c’era una volta
コーンウォールの大学に車で通ってた
前にいるトラクターが道塞いでてこりゃ遅刻だなー
→ 先生の車も後続にいたのでセーフだったw

 

ドイツ  c’era una volta
「大変遺憾であります我々の信頼関係の被ったダメージについては釈明も不可能かと存じます私は人間失格です」
まあこんなかんじ

 

ドイツ  c’era una volta
↑ こんど遅刻したらそれコピペして言うわ

 

ドイツ  c’era una volta
「うちの犬が目覚ましストップしちゃって…」

 

ドイツ  c’era una volta
ハンブルグの主要道でエルベ川を渡ろうとするとトンネルしかない
で、そのトンネルの高さ制限にトラックがよく引っかかる
→ 一台引っかかると10分~30分交通が止まるw
ので遅れたとき「また高さ制限でさ~」というと人々はしゃーないってなる

 

ハンブルグ  c’era una volta
↑ そのトンネル避けようとするとまた別の混雑な道を通らないといけないんだよなあ

 

ドイツ  c’era una volta
同僚「いやー電車が遅れちゃってさーwww」
他の人達「そっかーw (ヒソヒソ… 」
他の人達「なるほど~ハァ…(ため息」

 

ドイツ  c’era una volta
ドイツ鉄道は実際わりと遅延したり来なかったりするでしょ

 

ドイツ  c’era una volta
ドイツ鉄道「ドイツの冬は遅延無しで運行するには寒すぎるし夏は暑すぎる」

 

チェコ  c’era una volta
チェコだと「電車が燃えちゃって遅れた」とか言う

 

ドイツ  c’era una volta
学校にて。同級生「路面電車の運転士さんが新人で間違った方に行っちゃいました」
先生はニヤリとしてお咎めなしだった

 

ハンガリー  c’era una volta
学生のときバイトで路面電車の運転士の初日
案の定間違った方向に軌道を切り替えてしまった
→ もとに戻らない
→ 電車止める
→ 手動で転轍機切り替え
すごい重たいのよ転轍機の梃子w

 

ハンガリー  c’era una volta
ブダペストの路面電車のシステムは未だにものすごく古いやつ
あれはミスしやすいw

そのまま進む場合: 軌道切り替えの30~50メートル前なったら惰性だけで移動スタート(電気食っちゃいけない)
→ そのまま進むと軌道がロックされる(つまり先発の路面電車が切替部分の上にいるあいだ後続の路面電車が軌道を切り替えられない)

軌道切り替えたい場合: 加速する(電気食う)
→ その区間で電気食うと自動的に軌道切り替えになる

 

スイス  c’era una volta
スイスのヴォー州には『ヴォー時間』というのがある
遅刻した場合は「ヴォー時間なんで御免」みたいに言う

 

スイス(ヴォー州)  c’era una volta
そう
つまり15分遅れまではヴォー時間でセーフ

 

annonymous  c’era una volta
↑ スイスといってもそこフランス語圏だから
フランス風に遅刻御免なのかなw

 

アイスランド  c’era una volta
「トンネルのとこでつっかえちゃって」
ちなみにレイキャビクには車の走るトンネルはただの一つもない

 

ポルトガル  c’era una volta
ポルトガルだとみんな遅れてくるから結果的に誰も遅れてないことになる

 

ポルトガル  c’era una volta
「うちで晩飯作るから20時においで」
→ 20時に到着
→ 「おいw そんな早くきたら飯の準備ができんだろーが」といわれる

 

ギリシャ  c’era una volta
南欧はそんなもん

 

イタリア  c’era una volta
早退したいとき
「チキンを圧力釜に入れっぱなしにしてた!」

 

スペイン  c’era una volta
スペインも言い訳とかいらんわ

 

スペイン  c’era una volta
友達同士はいいけど
スペインも職場で遅刻はダメよ

 

スペイン  c’era una volta
仲のいい友達同士の場合だと「おまえの母ちゃんとイチャイチャしてたら遅くなった」

 

スペイン  c’era una volta
↑ それ上司に言ってみんさい

 

スペイン  c’era una volta
みんな朝起きるのが苦手よねスペイン

スペイン企業「フレックスタイム制にする」
→ 社員全員一番遅いシフトを選択

 

イタリア  c’era una volta
イタリア人は遅刻の言い訳するようなプログラムをされてない

 

annonymous  c’era una volta
もし万が一、定時に職場についたらそのぶん早めに退社してもいい?

ttps://www.reddit.com/r/AskEurope/comments/gzs1qd/a_common_fake_excuse_and_joke_for_being_late_in/




「「みなさんの国では遅刻したときどんな言い訳するん?」海外の反応」への2件のフィードバック

  1. 出かける準備してたら鼻血が出て…て言ったことある
    普段はめったに遅刻とかしないので信じてもらえた

    0
    0
  2. ハンガリーは高校生バイトで路面電車運転できるのか!
    日本だと倍率とんでもないことになるぞ!
    おじさんも運転したい!

    0
    0

コメントを残す

※※※ 名前欄は必須ではありません

...