「歯学部です。入学試験ありません。英語で授業します(スペイン)」海外の反応

 

annonymous c’era una volta
エウロペア・デ・マドリード大学歯学部(授業は英語)
入学レベルに足りてない学生
→ まず最初に一年間の入学要件コースを修了できる親切設計
→ その後5年間の歯学部コース、の流れ
astarfuture.co.uk/course/madrid/universidad_europea_de_madrid/universidad_europea_de_madrid_dentistry.html

 

イタリア  c’era una volta
イタリアの歯医者の息子さんらがそのスペインの歯学部に行ってるw

 

annonymous c’era una volta
まー若いんだし大学入ってから頑張って勉強すればそれはそれでよかろ

 

イタリア  c’era una volta
私立大学だから年間学費250万円くらい工面せにゃならん

 

スペイン  c’era una volta
スペインの国公立大で安いとこなら年間学費10万円
くらべると250万円はお高い

 

スペイン  c’era una
スペインで私大行くのは勉強苦手な子だけ

 

スペイン  c’era una
スペインはすごく優秀な私大もある
ESADEとか
ESADEビジネススクール: バルセロナに本部を置く世界トップクラスのMBAビジネススクール。
2018年のGlobal MBA Rankingでは世界第20位にランクイン。wikipedia

 

スペイン  c’era una
IESE ビジネススクール(スペイン)(私立):
エコノミストによるグローバルMBAランキングでは、2005/2006/2009年に米国系ビジネススクールを抑えて世界第1位のMBAプログラムに選ばれている。
フィナンシャル・タイムズ エグゼクティブ教育ランキング世界第1位(2015-2020年。wikipedia

 

アメリカ  c’era una volta
メキシコ系でスペイン語話すのは問題ない
米軍除隊→ これから大学の学費/生活費の援助がある
それでスペインのどっかの大学の工学部に行こうと思うんだけどどうでしょう?

 

スペイン  c’era una volta
↑ 卒業後スペインで仕事するとしたらたいへんなのを考慮するように
若年失業率40%の国よ

 

スペイン  c’era una volta
スペインはフランコ独裁だったでしょう
それで一部スペイン民は軍人ときくとかなり拒絶反応を示す
なのでもしスペインに来たらあまり『自分米軍だったんだー』とは言わないほうがいいかもw

 

スペイン  c’era una volta
スペインの私大はお金さえ出せば的なとこも多くて

 

イタリア  c’era una volta
イタリアも公立のが上位校な認識
特に高校は私立だと「カネで高校行ったん?」みたいに言われがち

 

イタリア  c’era una volta
いまどき中学までは私立のがいいんだぞ
でも高校はがんばって公立いかんとなw

 

イタリア  c’era una volta
社会人のための夕方からの高校教育コースなんてのもあるけど
レベル的には私立高校より上

aureliafevola.it/corsi-serali-per-il-recupero-anni-scolastici/

 

イタリア  c’era una volta
先生たち「社会人コースで教えるの好き。生徒のモチベ高くていい」

 

イタリア  c’era una volta
大学はハイランクな私学ある
ルイージ・ボッコーニ大とかグイド・カルリ社会科学国際自由大学とか

 

イタリア  c’era una volta
北イタリアの私大はいいとこいろいろあり

 

イタリア  c’era una volta
私大「企業とパイプあるよ。就職斡旋しよっか?」
公立大「就活? 勝手にやれやもーったくうちら関係ねーし?」

 

イタリア  c’era una volta
おれサピエンツァ大(わりと名門)(国公立大)行ったけど
就活の指導とか斡旋みたいのはマジで皆無だったw
ローマ・ラ・サピエンツァ大学: イタリアのみならず欧州でも屈指の歴史を持ち、その起源は中世時代の1303年にまで遡る事ができる。
イタリア大学ランキング3位、世界ランキング171位。wikipedia

 

スイス  c’era una volta
チューリヒの私立学校行ってましたが
まあ金持ちの子が別の金持ちの子と人脈作る場所なんですよね
卒業生同士でビジネスしまくる流れ

 

スイス  c’era una volta
スイスのハイランク大学はだいたい公立

 

スイス  c’era una volta
スイスの(特に田舎の)公立小学校「給食ないぞ家帰って食え」

 

annonymous  c’era una volta
>>スイス
なんで弁当にしないわけ?

 

スイス  c’era una volta
昼食時間のあいだは学校が完全に閉まる
そのあいだ生徒は校内にいられない

 

スイス  c’era una volta
先生「うちらも家帰って御飯食べるんで…生徒のことは知らんぞ?」

 

エストニア  c’era una volta
よくわからん
エストニアでランチタイムに家にいる親なんて有閑階級の人くらいw
スイスでは母ちゃんが家にいるわけ?

 

スイス  c’era una volta
田舎ですが
わりとそう

 

フランス  c’era una volta
スイスっていろんな物事が「母ちゃんはだいたい家にいる。フルタイムでは仕事してない」前提でできてるのよね

 

アルバニア  c’era una volta
公立校の生徒「今日もまたまた学校サボって遊び行こ~」
公立校の先生「知らんわご勝手に」
私立校はそういうのがないぶんいいと思う

 

リトアニア  c’era una volta
リトアニアのトップ校(高校)は公立私立どっちも混ざってるかんじ

 

チェコ  c’era una volta
私立  >>>>> 公立
一部公立トップ校はいいけど

 

フランス  c’era una
フランスの場合も: 公立トップ高校 >>> 私立 >>> 公立

 

フランス  c’era una
フランス「フランスの教師の年収は公立も私立も同じ!(※ただし公立学校の先生は払う税金少なめ)」

 

ロシア  c’era una
ロシアの高校も公立トップ高校 >>> 私立 >>> 公立かな
モスクワ57みたいなトップ校は公立
モスクワ57高校: 生徒のための数学サマーキャンプを毎年主催。ヤング図形、結び目理論、Schubert多項式などを含む入門コースがある。wikipedia

 

ポルトガル  c’era una
ポルトガルのトップ校(高校)は都市部(リスボン、ポルト、コインブラ)の私立校が独占

 

オーストラリア  c’era una volta
人脈というか学閥というか
オーストラリアでは最強私立高校のいずれか卒でないとその後エリートコースを歩むのキツい

 

オーストラリア  c’era una volta
エリート私立高校卒だけで構築されてる求人ネットワークが強すぎる
その他大勢はその求人にアクセスできない…つーかそんな求人があること自体知ることはない

 

オーストラリア  c’era una volta
大学が同じレベルでもエリート私立高校卒 vs その他ではその後のキャリアにずいぶん差が出ちゃってもー

 

オーストラリア  c’era una volta
オーストラリアの大学はほぼぜんぶ国公立

 

オーストラリア  c’era una volta
ぜんぶ国公立大(文系でも年間学費150万円くらいは覚悟)

 

オーストラリア  c’era una volta
私立高校生: 全高校生の15%
有名大合格者の70%: 私立高校出身

 

オーストラリア  c’era una volta
有名私立高校「有名大進学率を宣伝しないといけないのでアホは入れたげません」

 

オーストラリア  c’era una volta
うちの州でトップの高校は公立
→ あらゆる子持ち家族がその学校の校区に住みたがる
→ 不動産価格がえらいことにw

 

ルーマニア  c’era una volta
私立=勉強苦手なリッチ子弟向け

 

エストニア  c’era una volta
エストニアっ子「公立ムリだから私立でも行くか」

 

ドイツ  c’era una volta
一般的には公立 >>> 私立
ただドイツにはいくつかスーパー富裕層向けのすごい私立校もある

 

ドイツ  c’era una volta
ドイツの普通の親「うちの子私立行ったりしたら… ますますアホになっちゃうんじゃないかしら」

 

ドイツ  c’era una volta
地区による
じぶんはプロテスタント系の私立学校(ルター派)行ってたけど地元トップ校だった

 

ドイツ  c’era una volta
ドイツ民特有の嫉妬も絡んで評価されてる
私立→ 金持ち→ 嫉妬→ 叩いとこ、みたいなw

 

ドイツ  c’era una volta
ベルリンの私大「うちにはなんとアメリカみたいに寮というものがあるよ? どう?」

 

スウェーデン  c’era una volta
スウェーデンの民営の私学「もっと学生来てほしいなあ儲けたいなあ」
スウェーデンの民営の私学「よっしゃ学校にMacbook導入。学生のみなさ~ん、うちの学校入るとピカピカのMacbookで勉強できますよーw」

 

スコットランド  c’era una volta
>>ドイツの大学には寮って無い?

 

ドイツ  c’era una volta
あることはあるけど少ない
ベルリンやミュンヘンみたいに家賃高い街の大学生は寮に入れたらすごいラッキーってレベル

 

ドイツ  c’era una volta
ドイツの学生はまーシェアハウス住みが多い

 

スコットランド  c’era una volta
スコットランドの大学はだいたい寮あり
4人~6人部屋、共同キッチン居間
ただし一年生のときだけでそのあとは頑張って外部にアパート探せ、みたいな空気ある

 

オランダ  c’era una volta
オランダ「王女様だって公立校通います」

オランダの王女さま(11才)「チャリで行く」海外の反応

 

オランダ  c’era una volta
オランダはそもそも大学までほぼみんな公立だからw

 

オランダ  c’era una volta
オランダ民「私立はリッチでアホな子弟が性根を叩き直されに放り込まれるところ」

 

オランダ  c’era una volta
オランダはたとえばキリスト教系学校でさえ公立

 

オランダ  c’era una volta
オランダに私立校なんてあったっけ?
→ 唯一思い浮かんだのは
『うちの子はぜったいオランダ文化に染まらせはせぬ』系リッチ駐在員子弟が行く学校

 

オランダ  c’era una volta
↑ オランダに数年しかいない予定
母国の大学受験が非常に厳しい
そういう環境の家庭のこと考えれや
日本の駐在員のお子さんなんかはだいたい日本人学校に行く

 

オランダ  c’era una volta
アレクシア・ファン・オラニエ=ナッサウ王女(王位継承権第2位)「来期からアトランティック・カレッジ(イギリス、ウェールズにある全寮制・共学の高校)に行ってくる。私立だけど~」

 

annonymous c’era una volta
アトランティック高校はいいな
半分は普通の学生
残りの半分の学生は世界中から募る(奨学金あり)

 

annonymous c’era una volta
アトランティック高校「学業修了→ 国際バカロレア資格を授与しますね」
国際バカロレア: 日本では、1979年から、国際バカロレアの修了資格を取得した18歳の生徒の大学入試の受験資格が認められている。
近年、国際バカロレアのスコアを用いた入試を導入する大学が増えており、17校で国際バカロレア入試が実施。25校で国際バカロレア入試の導入が検討されている。wikipedia

 

annonymous c’era una volta
ジョージ・楠木・ミラーさん「日本の高校で国際バカロレア(IB)取得した」


兵庫県神戸市東灘区出身。2018年のデビューアルバム『Ballads 1』でBillboardの R&B and hip-hopチャートで1位を獲得。当該チャートでの1位獲得は、アジア出身のアーティストとしては初。wikipedia

 

annonymous c’era una volta
宇宙飛行士の星出 彰彦さん「国際バカロレア資格とったあと慶応に入りました」wikipedia

 

オランダ  c’era una volta
オランダ国王「わしの母校もアトランティック高校だったし」

 

annonymous c’era una volta
ベルギーのエリザベート王女(王位継承権第1位)「うちもこないだまでアトランティック高校に通ってん」

 

annonymous c’era una volta
なんだ
将来のヨーロッパの女王なるかもしれん王女さま達はみんな同窓生か

 

annonymous c’era una volta
レオノール・デ・ボルボン王女(スペイン王位継承権第1位)「わたしも今年(2021年)秋からアトランティック高校通いますー」

 

イギリス  c’era una volta
イギリス「ちなみに『イギリスのパブリックスクール』は私立学校。レベル高いぞ」

 

ポーランド  c’era una volta
イギリス「誰でも(お金払えば)入れるからパブリックスクール、であってる」

 

フィンランド  c’era una volta
フィンランドの『私立学校』は生徒から授業料とるの禁止なんだぞw

 

annonymous c’era una volta
大昔のイギリスの学校「お金出しても誰でもは入れません」
大昔のイギリスのパブリックスクール「誰でも入れる! パブリック!」

 

annonymous c’era una volta
>>イギリスのパブリックスクール
家柄とか、どっかの偉い人の口利きとか無くても入れる?

 

イギリス  c’era una volta
問題ない
青空駐車場みたいなもん
スペースあれば料金払ってだれでも利用可

 

annonymous c’era una volta
ちなみに英国トップの成績を誇る高校は『セントポール女子高校』(私立)(年間学費(2020年)950万円(寮費、給食費含む))

 

annonymous c’era una volta
ちなみにセントポール女子校の校長先生は『校長』ではなく『ハイミストレス』と呼ばれててやたらかっこいいw

 

イギリス  c’era una volta
イギリスの名門高校イートンなんかでも他の私学より格別学費高いわけじゃない

イートン校: 年間学費はおよそ650万円(2022年)。生徒と教師の比率は8:1

試験によって1学年で10名程度のみが最も古い校内区画にある寄宿舎(カレッジ)に住むことができる。彼らは「王の学者」と呼ばれる。

イートン校内にある様々な学生組織の頂点は『ポップ』と呼ばれる。
ボリス・ジョンソンはメンバーだった(王の学者でもあった)。ハリー王子は選出されなかった。wikipedia

 

annonymous c’era una volta
さすがボリスさん
そりゃビールの持ち方一つとっても超かっこいいわけ

ttps://www.reddit.com/r/europe/comments/nz2mlo/this_boris_johnson_really_knows_how_to_hold_a/

ttps://www.reddit.com/r/AskEurope/comments/o4novj/is_there_a_significant_gap_in_the_performance_of/




「「歯学部です。入学試験ありません。英語で授業します(スペイン)」海外の反応」への3件のフィードバック

  1. >オーストラリア
    >エリート私立高校卒だけで構築されてる求人ネットワークが強すぎる
    >その他大勢はその求人にアクセスできない…つーかそんな求人があること自体知ることはない

    意外だなあ・・・
    階級社会バリバリの欧州のオーストリアの話かと思ったら、オージーの方だったとは。

    2
    0
    1. コモンウェルスの大元のイギリスが階級社会だからなのかもね。
      てか、映画とかドラマ観てると、アメリカにしても学生時代の人的ネットワークがかなり重要な要素のような感じはする。まあ、上流になればなるほどコネが大切なのは、世界中どこでも同じってだけなのかな…。

      0
      0
  2. iPSで歯の再生も進んでるしもう歯科なんて専門にすべきじゃ無いと思う
    再生医療と従来の複合で明くまで内科、外科、整形外科等と同じ医科の1科に収めるべき
    楽な眼科、耳鼻科に流れる女医の流れ先の1つにもなる

    0
    0

コメントを残す

※※※ 名前欄は必須ではありません

...